FC2ブログ
久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&ボディケアサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
Facebookはこちら
無料メール会員登録はこちら

「夜泣き」のあれこれ

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”夜泣き”のあれこれ」です。

先週に第二子が誕生したこともあり、今日も赤ちゃんネタを少しばかり。。

赤ちゃん~3歳くらいまでの育児で大変なことのひとつに、

「夜泣き」

があります。

「夜泣き」とは、、

はっきりとした理由がなく、生後3か月以降の子供が夜間に泣く現象

です。

「夜泣き」の原因ははっきりとわかってはいませんが、月齢別に”そうではないか”と言われている原因をまとめると、、

・生後1~4ヶ月
→昼と夜の区別がつかず、短い睡眠を繰り返しているため「夜泣き」が起こる

・生後5~6ヶ月
→脳が発達過程にあるため、昼間に受けた刺激(経験)を寝ている間に処理しているうちに思い出してしまい「夜泣き」が起こる

・1歳前後
→睡眠リズムの未発達や脳の急激な発達により、「夜泣き」が起こる

・2歳以降
→怖い夢を見たり、日中のストレスが原因で「夜泣き」が起こる

といった感じです。

基本的に「睡眠リズム」と「脳の急激な発達」によって起こっているということですね。

昨日記した「スキャモンの発育曲線」でもありましたが、

「神経系」と「免疫系」が急激に発達するので、

「夜泣き」の場合は「神経系」の影響が大きいということですね。

成長している証拠ですので、見守っていくしかありませんが、少しでも睡眠が取れるように工夫していけると良いと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「スキャモンの発育曲線」について

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”スキャモンの発育曲線”について」です。

先日は「チンパンジーの子育てからの進化」という記事を記しました。

その中で、高橋家に第2子が誕生した旨を記しましたが、

今日はそれにまつわる内容を少しばかり。。

子供の発育を見る上で、参考になる指標として、、

「スキャモンの発育曲線」

というのがあります。

「スキャモンの発育曲線」とは、、

20歳ころを100とした場合に、各年代で身体の機能がどの程度成熟しているかを表す曲線。
4つの型に分けられる。

です。

それぞれの型と概要は以下です。

①一般型
→身長・体重などに加え、呼吸器は消化器官などの内臓の発育を示した曲線
→生後~幼児期に急激に上昇し、その後平坦になった後、思春期以降にもう一度急激に上昇する(2段階)

②神経系型
→脳や脊椎などの中枢神経、視覚と中枢神経とのリンクなどの発育を示した曲線
→生後~5歳までに急激に上昇し「80」まで達する
→その後、緩やかに上昇し20歳で100に達する

③リンパ系型
→リンパ系組織(免疫系の組織)の発育を示した曲線
→生後~8歳までに急激に上昇し「100」に達する
→8歳~12歳までに「180」くらいまで上昇し、その後20歳まで緩やかに下降し「100」に戻る

④生殖器系
→生殖器の発育を示した曲線
→生後~14歳ころまでほとんど発育せず「20」程度まで上昇する
→14歳ころから急激に上昇し、20歳の時に「100」に到達する

それぞれの身体の部位によって発育のタイミングが違ってきます。

身体が大きくなっているから、すべてが均一に成長しているというわけではないということですね。。

特に「神経系」は「0~5歳」までに8割成長するとのことなので、

小さいうちにいろんな神経に刺激を入れてあげることが重要です。

また、免疫系の組織も「0~8歳」までに「100」に達しますので、

「神経系」と「免疫系」に関しては、小さいころから見ておく必要がありますね。

子育てに正解はありませんが、一つの指標として頭に入れておきたいですね。

スキャモン


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「チンパンジーの子育て」からの進化

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”チンパンジーの子育て”からの進化」です。

※日曜日はプライベートな内容です。

今日は久しぶりに本降りの雨でしたね~。。

たまには雨も悪くないかなと思いますね。

さて、そんな今日は日曜日なのでプライベート編を少しばかり。。

いきなりですが、チンパンジーのお母さんは子供を産んだ後、5年間は繁殖活動をしないらしいです。

それは、チンパンジーの場合、お母さん1人で子育てをし、お父さんは子育てには関与しないからです。

チンパンジーの子供は、基本的に4歳くらいまで授乳をし、5歳を過ぎたあたりで独り立ちするのだとか。。

なので、5歳くらいまではお母さんに引っ付いているか、半径1m以内の範囲にいて、片時も離れることがないのだそうです。

チンパンジーママは大変ですね~。。

かたや、チンパンジーパパはなにをしているのかというと、チームで外敵から”群れ”を守っています。

チンパンジーパパが群れを守ってくれているおかげで、チンパンジーママは安心して子育てができるわけですね。

役割分担がはっきりしています。

自分の父親は子育てには関与していなかったそうなので、私は”チンパンジー方式”で育てられたということですね。。笑

今は孫の面倒をよく見てくれていますので、「チンパンジー方式」からは卒業したようですが。。(めでたし、めでたし)

話は変わって、「高橋家」では5年ぶりに第2子が誕生いたしました~(*^▽^*)

第1子の時と同様に出産に立ち会い、陣痛が来るたびに、


「ここ押して!」


「はいっ!」

を3時間ほど繰り返したのち、無事出産することができました。

前回はこのやり取りが5~6時間続いたので、今回はその半分くらいの時間でした。

そんな感じで少しだけ出産をサポートできたので、この仕事をしていて良かったなと思いましたね。。笑

なにより無事に生まれてきてくれたことに感謝です。

期間的にはチンパンジーと同じですが、しっかりと妻と協力して「共育」していこうと思います。

チンパンジー


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR