FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.183

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.182」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「最近、肩が上がりにくくなってきているように感じます。五十肩になるのではないかと危惧しているのですが、今からできる予防法はありますか?」

肩が上がりにくく感じている方は多くいらっしゃいます。

やはり、加齢とともに増えていく傾向がありますので、

予防は早いうちから実行しておく必要があると思います。

肩が上がりにくくなる主な原因は以下です。

・肩関節~肩甲骨周りの筋力低下

・肩甲骨の不安定

・肩甲上腕リズムの乱れ

などなどです。

肩関節~肩甲骨周りに筋力が落ちることによって、

肩甲骨が不安定になり、肩甲上腕リズムが乱れる、

という流れですね。

これらを予防するためには以下の方法が有効です。

・肩より上に腕を上げる習慣をつける
→バンザイをするようなストレッチや運動の習慣化

・肩甲骨を安定させる筋肉の活性化
→腕立て伏せの姿勢をキープする、壁をグーッと押す、など

これらを習慣的に行っていると肩が上がりにくくなることを防ぐことができます。

まずはできるところから始めてみましょう。

参考になっていれば幸いです。

肩


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「病は気から」を考える

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”病は気から”を考える」です。

梅雨らしい天気が続いております。。(*_*;

例年ですと20日前後で梅雨明けなので、あと10日くらいの辛抱ですね。

今年は沖縄の梅雨明けが早かったので、関東も早いことを願います(>_<)

さて、そんな今日は「病は気から」について少しばかり。。

数年前に「完全な健康はない」という考え方をご紹介しました。

「人はすべて大なり小なり病人である」

「元気の良い病人として今日一日を生きる」

という内容だったのですが、今まさにその考え方が必要なのかなと思います。

「病は気から」と言われていますが、「自分は病気だ、、」と落ち込んでいるとどんどん病状は悪化します。

逆に上記のように「病人なりに元気に生きよう」としている方は長寿だったりするわけですね。

これはいままで「なぞ」とされてきた現象に対しての一定の解にもなり得ると思います。

それは、、

・100歳を超えるおばあさんが毎日たばこを吸っている

・アイスクリームを毎晩ボール一杯食べる長寿の方がいる

・ドクターペッパーを毎日3杯飲むのに100歳を超えている方がいる

などなどの「明らかに不健康とされていることをしているのに長寿」というなぞです。

上記のような方は自身のやっていることを身体に悪いとは思っていません。

注意をされても「だからなに?」という感じだと思います。

要は「完全な健康などない」「自分の人生を謳歌している」ということだと思います。

「新型コロナウイルスにかからないために生きる」のではなく、

「新型コロナウイルスにかからないように注意しながら人生を謳歌する」ということですね。

これくらいは大丈夫という基準を守ることが大事で、その上に健康があります。

だからと言って、感染症を軽視したり、身体の悪いとされているものを摂りまくって良いということではありませんが、

あくまで「完全な健康などない」ので、適量を守って元気な病人として生きることが大事ということだと思います。

高齢者


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人間の動きが出来上がるまでの道筋から「正しい動き」を考える

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「人間の動きが出来上がるまでの道筋から”正しい動き”を考える」です。

2月に二人目の子供が生まれたこともあり、改めて人間の身体の不思議を目の当たりにしています。

最近はようやく寝返りを打つようになり、寝ている間に1回転して寝始めた時と反対になっていたりしています。。笑

近年はこどものロコモが問題視されていますが、さまざまな原因が挙げられています。

外遊びが減ったから、、栄養の偏り、、日光を浴びる量が減ったから、、など。。

その中の一つに「ハイハイする機会が減ったから」というのがあるそうです。

お座り → ズリバイ → ハイハイ → たっち

という流れで動きが出来上がっていくのですが、最近の子供は”ハイハイ”から”たっち”までの間が短くなっているようです。

「ハイハイの重要性」は以下です。

・バランス感覚、反射神経を鍛える

・腕の力を鍛える

・腰痛予防

・O脚予防

・脳に刺激を与える

などなどです。

「ハイハイ」は手足を使った全身運動です。

これを多くおこなうことで、全身の血流が良くなり、脳をはじめ、さまざまな神経の発達に役立つということですね。

O脚予防はなんとなくイメージできますが、腰痛予防は意外だと思います。

あくまで統計的なデータでしかないですが、たっちが早かった子供の腰痛率は高いようです。

脊柱の湾曲や仙腸関節への影響、股関節への影響など、さまざまなものが考えられますね。。

要は、人類の進化の過程を一歩ずつ踏んでいくことでしっかりと成長する、ということではないかと思います。

正しい動きの習得は一朝一夕ではできないということですね。

ハイハイ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR