FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

~pain free~ 最新健康情報(2015年1月号)

「椎間板ヘルニア=痛みの原因はうそ!?」


今回の最新健康情報「椎間板ヘルニア=痛みの原因はうそ!?」です。

椎間板ヘルニアとは、椎間板から髄核と呼ばれるグミ状のものが飛び出ている状態を言います。

いままでは、この飛び出た髄核が、神経を圧迫し、「しびれ・痛みが発生する」とされてきました。

がしかし、神経を圧迫しても「しびれ・痛みは発生しない」のです。

これは、さまざまな研究結果で明らかになっています。

神経を圧迫して起こる症状は「神経脱落症状」です。

いわゆる、動かない・触っても感覚がない・力が入りづらい、といった症状のことです。

ということは、「痛み」と真逆の症状ということになりますね。

「痛み」とは、「痛みを知る」 熊澤 孝朗 著 によると、

「痛みとは、不快な感覚性・情動性の体験であり、それには組織損傷を伴うものと、そのような損傷があるように表現されるものがある」

とされています。

つまり、「痛み」とは経験であり、損傷部位があるもの(急性痛)と、損傷部位がないもの(慢性痛)に分かれるということです。

ほとんどの場合が、「慢性痛」「痛みセンサーの異常」で痛みが発生するとされています。

この「痛みセンサーを正常化する」ためには、筋肉・関節・軟部組織を柔らかくしておく必要があるんです。

もし現在、「椎間板ヘルニア」で痛みが発生している方は、実はこの「痛みセンサーの異常」が原因の可能性があります。

その場合はいくら手術をして、椎間板ヘルニアを取り除いても「痛み」は改善しません

まずは、周辺の筋肉・関節・軟部組織を柔らかくすることから始めてみるといいと思います。

意外と簡単に「痛み」が軽減することはよくありますので。。



最後までお読みいただきありがとうございました。

当コーナーでは、右記メールフォームより、ご質問やリクエストを募集しております。

些細なことでも構いません、お気軽にご連絡ください。



☆今月のおすすめ本☆
痛みを知る (いのちの科学を語る)痛みを知る (いのちの科学を語る)
(2007/12)
熊澤 孝朗

商品詳細を見る

ご興味のある方は、上の画像をクリックしてお買い求めくださいm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR