FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

「マスク」の有効性について

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体・リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「マスクの有効性」です。

冬~春先(花粉の時期)に重宝されるのが「マスク」です。

これは、「ウイルス対策」と「花粉対策」が主な役割で、この時期に一番売れるのだそうです。

最近では、PM2.5などの大気汚染も大きく取り上げられているため、

今後ますます需要が増えると思われます。

人によっては「一年中マスク」という方もいらっしゃいますしね。。

今日はそんな「マスクの有効性」について記していきます。


先述しましたが、「マスク」を使用する主な目的は以下です。

・ウイルスが侵入してこないようにするため

・花粉が口や鼻に入らないようにするため

・PM2.5などが体内に入らないようにするため

この中で、有効なものと無効なものが存在します。

それは、以下の説明で明確になります。

まず、一般的なマスクの穴の大きさは5μm(マイクロメートル)と言われています。

そして、インフルエンザウイルスの大きさは0.1μm、ノロウイルスは0.03μmです。

スギ花粉は30μm、PM2.5はその名の通り2.5μmだそうです。

ということは、、

ウイルス対策 → マスクを通過してしまうので無効

花粉対策 → マスクを通過しないため有効

PM2.5対策 → マスクを通過してしまうので無効(マスクの穴が2.5μm以下の物ならば有効)

ということになります。

ウイルスはかなり小さいのでマスクでは防ぎきれないということですね。

じゃあマスクしても意味ないのね~と思いがちですが、周りにうつさないためのエチケットとしては有効です。

ウイルスに感染した方が咳をした場合、ウイルスは唾液にくっついて飛散します。

咳をした際の唾液の大きさは5μmよりも大きいとされているので、ウイルスがマスクから外に漏れるのを防ぐことが出来ます。

なので、ウイルスに感染して外出する場合はマスクをするようにしましょう。

あとは「のどの加湿」による予防効果くらいでしょうか。

今日は「マスクの有効性」についてのお話でした。。

マスク
スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR