FC2ブログ
久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&ボディケアサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
Facebookはこちら
無料メール会員登録はこちら

出産時の「帝王切開」が急増している理由

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体・リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「出産時の帝王切開が急増している理由」です。

あっという間に5月ですね。。

急にに熱くなりすぎです。。激しい気温差はこたえますね~。。笑

さて、今年4月10日、WHOが、、

「帝王切開は医学的に必要な場合にのみ行われるべきである」

と、安易な帝王切開に対して警鐘を鳴らしました。

この背景には、、

「ブラジルや中国など”帝王切開”での出産率が50%にものぼる国が増えてきている」

というのがあります。

ちなみに日本の割合は20%程度だそうです。

それでもWHOが推奨する10~15%を上回っていますね。。

帝王切開での出産が増えている主な理由は以下です。

・高齢出産が増えたため

・病院側のリスク回避

高齢出産が増え、難産の方が増えたため安全性を考慮して、という流れですね。

一方で、病院側のリスク回避の流れは少し深刻かもしれません。。

それは、少子高齢化に伴う産婦人科の減少により、産科医療のレベル自体が落ち始めている、

ということのようです。

リスクのある妊娠や、危険とされる兆候が出た時に、このままで大丈夫なのかという判断がつかないため、

予防的に帝王切開が行われているという流れが多いようですね。。

この問題はどうにか解消していただきたいものですが、

「スタイルを維持したい」
「出産の痛みに耐えられない」
「吉日に出産したい」
「性生活に変化が残したくない」

などなど、妊婦さん側からの要望も数多くあることも事実のようなので、なかなか解決は難しいと思いますね。。

とはいえ、帝王切開には母体の回復に時間がかかるというリスクがあることを忘れてはいけません。

個人的には、しっかりとリスク・正しい知識を認識した上で、

本人たち(妊婦さんとその家族)が望む方法で出産するのが正しいと思います。

どんな出産方法であっても母親は偉大ですので。。

母


スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR