FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

「ブロック注射」について

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体・リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「ブロック注射」です。

「注射」というだけでちょっと嫌な感じがしてしまう方も多いと思います。(自分もです、、笑)

腰椎椎間板ヘルニアなどの腰の痛みに多く用いられる治療法ですが、首や肩の痛みに用いられることもあるようですね。。

今日は、そんな「ブロック注射」について記していこうと思います。

「ブロック注射」とは、、

神経ブロック注射治療のことで、痛い場所の神経の近くに局所麻酔薬を注射することで、一時的に神経の興奮を抑え、痛みで傷ついた部位を治療する方法。

です。

要は、一部分だけ麻痺させて痛みを感じなくさせる治療法ですね。

この「ブロック注射」には2種類あります。

①「星状神経節ブロック注射」

→気管の左右にある、星の形をした神経のかたまりをブロックする方法。星状神経節は、頭、顔面、頚部、肩、腕、胸部、背中などの上半身の交感神経の中枢なので、そこの部位の痛みに有効とされています。

②「腰部硬膜外神経ブロック注射」

→痛みを感じる神経、運動神経、交感神経をすべてを麻痺させることができるブロック注射療法。脊髄から出る神経に局所麻酔薬が伝わり、広い範囲の痛みを麻痺させることができるとされ、速効性が期待できるとのこと。

自分は昔、腰椎椎間板ヘルニアを患った時に「腰部硬膜外神経ブロック注射」を2回ほど受けました。

ま~、痛かったですね。。

その割に効果はほぼありませんでしたので、二度と受けたくないと思いましたし、誰にもお勧めいたしません。

「痛み」は「慢性痛」と「急性痛」に分かれ、そのわかりやすい違いとして鎮痛剤(麻酔)が効くかどうかというものがあります。

「急性痛」には鎮痛剤(麻酔)が有効ですが、「慢性痛」には鎮痛剤(麻酔)は効きません。

そして、ほとんどの「痛み」は「慢性痛」の場合が多いので、「ブロック注射」自体が有効ではない可能性が高いのではないかとすら思ってしまいます。

もちろん「急性痛」には有効なので、ぎっくり腰になってすぐや首を寝違えてすぐなどの時にはいいかもしれませんが、、

どちらにしろ慎重に選択した方が良い治療法だと思います。

注射
スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR