FC2ブログ
久喜市鷲宮のスモールジム&整体
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【新型コロナウイルス対策について】

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.201 ~ストレスの種類と対処法~

こんばんは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.201」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】
「感染症が再流行し始めています。これからまた自粛生活になるのかと思うとストレスを感じます。こうしたストレスとはどのように向き合ったらよいのでしょうか?」

今回のストレスはいまだかつてない角度から訪れていますので、どう対処したらよいか迷っている方が多いと思います。

自分もいろいろと考えますが、なかなか難しいですよね。。

考えられる範囲でお答えしますと、「ストレス」を感じた際に人間の身体の中では、、

→アドレナリン、コルチゾール、ACTH、などのストレスホルモンが分泌される

→アドレナリン、ACTH、が心拍数を上げて外敵からの攻撃に瞬時に反応できるようにする

→コルチゾールが過度の炎症反応で身体が動かなくなるのを防ぐ

などの反応が起きます。

「短期的なストレス」の場合、対象の事柄が終わると速やかに元の状態に戻るのですが、今回のような「長期的なストレス」「慢性的なストレス」となると話が変わってきます。

「ストレス反応」が「長期化」「慢性化」すると、上記のストレスホルモンが慢性的に分泌されてしまい、身体がそれに慣れていきます。

特に「コルチゾール」の慢性的な分泌により反応が鈍ってしまうと、免疫システムに異常が起こり、自己免疫疾患にもつながる可能性があると言われています。

コルチゾールの効きが悪くなることによって慢性的な炎症が起こり、さまざまな疾患へとつながる可能性があるということですね。

免疫力を高めることが急務である現状において「長期的ストレス」にどう対応するかは超重要だと思います。

慢性的なストレスホルモンの分泌を避けて、ストレスホルモンの効きを良くすることが、感染症対策の重要な要素でもあるということです。

こうした「長期的ストレス」の対処として有効なのが、、

「”不安”よりも”希望”を選ぶ」

という考え方です。

上を向いているのか、下を向いているのかの違いとも言えますが、希望を見ている人と不安を見ている人ではストレス度が違います。

「”こうなったらどうしよう”」

ではなく、

「”こうなりたい”からそうなるためにこれをしよう」

という考え方をすると自然とポジティブになります。

「”不安”ではなく”希望”を選ぶ」

というのが一つの対策になるのではないかと思います。

少しでも参考になっていれば幸いです。

ストレス
スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
スモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR