FC2ブログ
久喜市鷲宮のスモールジム&整体
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【新型コロナウイルス対策について】

自分の依存度(中毒)を知る

こんにちは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「自分の依存度(中毒)を知る」です。

先週末には「改めて中毒について考える」という記事を記しました。

簡単に内容を振り返りますと、、

・世の中にはさまざまな「中毒=依存症」がある、これらは大きく分けると「物質依存」と「行為依存」に分けられる

・「物質依存」とは「アルコール」「タバコ」「違法薬物」などの物質の摂取に依存してしまうこと

・「行為依存」とは「ギャンブル」「インターネット」など行為に対して依存してしまうこと

と言ったところまで記したかと思います。

今日はその続きを少しばかり。。

「中毒」の簡易的な克服方法は以下です。

・自分が依存しているものやことを明確にする

・中毒になっている物質や行為の情報をシャットアウトする

・一気のやめようとせず、少しずつやらない期間を延ばしていく

・代替行為を見つける

・思考パターンを変える(「中毒=快楽」ではなく「中毒=気持ち悪い」に変える)

などなどです。

中毒の怖い所は「潜在意識」が変わってしまうところです。

「潜在意識」は、自覚されない意識のことなので、無意識のうちに中毒行動をとるようになってしまうということですね。

なので、まずは自分が何に対して「中毒」なのかを知ることが大事です。

自分の一日の行動パターンや食事を一週間分書き出し、一つ一つ検証してみると意外な中毒が見つかったりします。

ここで大事なのはその見つかった「中毒」の中から「健康を害する中毒」を抜き出すことです。

そして、その中毒に対して「情報をシャットアウト」したり、「辞める期間を3日、3週間、3か月、3年」という感じで延ばしていったり、

「代替行為」を見つけたり、「思考パターン」を変えたり、していくわけですね。。

「情報をシャットアウト」するには、テレビやスマホ、PCなどを見る時間を減らすことが有効です。

無意識に情報が入ってきてしまうツールを外すということですね。

「代替行為」を見つけるというのは一番有効な手段だと思います。

中毒行動をとりたくなった際に、違う「健康に良い中毒行動」をとることでそっちに移行していくイメージですね。

わかりやすいのは「筋トレ」や「ウォーキング」「ランニング」などです。

自分なりの「健康を害さない代替行為」を見つけていけると良いと思います。

潜在意識

スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
スモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR