FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.163

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.163」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「急に股関節に痛みが走り、その後角度によって激痛が走るようになってしまいました。なかなか痛みが取れないのですが、緩和する方法はありますか?」

急な動きで股関節を痛めることはしばしば起こり得ます。

考えられる原因としましては、、

・股関節の動きが悪い

・足首が硬い

・股関節の石灰沈着性腱炎

・鼠経ヘルニア

などなどです。

「股関節」の柔らかさの基準は以下です。

・股関節の屈曲 → 125度

・股関節の内旋 → 45度

・股関節の外旋 → 45度

これらが代償動作なしでできればOK、できなければNGという感じです。

「足首の硬さ」は骨盤の前傾or後傾に関わってきます。

そして、骨盤の前傾or後傾は「股関節の内旋or外旋」に関わってきます。

内旋はいわゆる「内股」、外旋はいわゆる「がに股」をイメージして頂けるとわかりやすいかと思います。

骨盤が前傾すると股関節は内旋優位になりやすくなります。

逆に骨盤が後傾すると股関節は外旋優位になりやすくなります。

すべてがそうなるというわけではありませんが、その可能性が大いにあるということですね。

まとめますと、、

→足首がかたい

→骨盤を前傾or後傾させてバランスをとる

→それと同時に股関節が内旋or外旋優位の状態になる

という感じです。

こうして股関節の位置が定位置からズレてしまうと、急な動きの際に痛めやすくなってしまうということですね。

まずは「股関節」の「動き」と「位置」を確認して改善してあげると良いと思います。

参考になっていれば幸いです。

股関節2
スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR