FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

「適度な運動」の有効性をリンパから考える

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”適度な運動の有効性”をリンパから考える」です。

先日、お客様から究極の選択を迫られまして、、

「まったく運動しないで引きこもる」

「激しい運動を毎日行って心拍数と呼吸数を多く消費する」

のとではどちらが良いのですか?というご質問でした。

つい先日に「寿命と相関のある二つの要素」という記事で、

「一生の心拍数は約20億回、呼吸数は約5億回」

「無駄な心拍数の増加は避けるべし」

「自分がワクワクすることに貴重な心拍数を使うべし」

という内容を記したばかりでしたので、それを読まれてのご質問とのことでした。

回答としましては「寿命の面で考えるとどちらもNG」です。

このときに「激しい運動を毎日」の方は「心拍数と呼吸数」の上限が決まっていることからNGであることがわかると思います。

では、それとは真逆の「まったく運動しないで引きこもる」はなぜNGなのでしょうか。

それを説明する上で重要になってくるのが「リンパ」です。

「血管」はすべてをつなげると約10万km(地球2周半)あると言われていますが、「リンパ管」はなんと、、

「約20万km(地球5周)」

あるそうです。

恐ろしく長いですね。。笑

この「リンパ」にはいくつか種類があります。

・リンパ管

・リンパ節

・リンパ液

「リンパ管」の中に「リンパ液」が流れており、いくつかの「リンパ管」が合流するところに「リンパ節」があります。

この「リンパ節」では免疫細胞によるチェックが行われ、異物が確認させるとその場で処理します。

「リンパが腫れる」というのは、「リンパ節」で免疫細胞が異物と戦っているサインということですね。

「リンパ」の役割は以下です。

・余分な水分を静脈へ送り返す

・免疫

・血管が回収できなかった微細な老廃物などを回収し、静脈に戻す

などなどです。

基本的に「リンパ液」は静脈とつながる出口に向かって一方通行に流れているため、逆流することはありません。

そして、血液と違って心臓というポンプ機能がないため、、

・筋肉の収縮と弛緩によって生じる圧力

・呼吸

・外からのマッサージなどの刺激

によって「リンパ液」の流れが促進されます。

なので、「まったく運動しないで引きこもる」とリンパの流れが悪くなり、

余分な水分や老廃物がたまったり、免疫の機能がうまく回らなかったりするためNGということです。

人間の身体はよくできていますね。
スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR