FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

人間の身体を「一つの工場」として考える~その2~

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”人間の身体”を一つの工場として考える~その2~」です。

先日は、、

「人間の身体を一つの工場として考える」

という記事を記しました。

今日はその続きを記していきます。

先日は、人間工場の仕事として、、

①消化と吸収(食べ物を消化して、栄養を吸収する)

②代謝(吸収した栄養を血肉に変換する)

③排泄(余ったものを体外へ排泄する)

この3つの仕事を8時間単位で分担して行います。

①消化と吸収 → 12:00~20:00

②代謝 → 20:00~4:00

③排泄 → 4:00~12:00

これらの仕事が円滑の回っていれば「健康」ということだ、というところまで記しました。

この仕事を行う社員が「体内酵素」です。

この「体内酵素」が上記の3つの仕事をしてくれるわけなのですが、

「体内酵素」は加齢とともに減っていくと言われてきます。

分かりやすく考えると毎年一人ずつ退社していくイメージですね。

もともと100人社員(体内酵素)がいたとすると、20年後(二十歳の時)には80人になっているイメージです。

そうなると上記の仕事をする人数も限られてくるので、

加齢とともに油っこいものが辛くなったり、代謝が悪くなったりするわけですね。

加齢とともに「粗食」になっていくのは上記の観点からも利にかなっているということです。

自身の健康習慣を考える際の一つの考え方として頭にいれておいて損はないかなと思います。

スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR