FC2ブログ
久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&ボディケアサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
Facebookはこちら
無料メール会員登録はこちら

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.138

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.138」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「痛みのある時に良く湿布を使用するのですが、温湿布と冷湿布をどのように使い分けたらよいかわかりません。どのように使い分けたらよいのでしょうか?」

温湿布と冷湿布で使い分けがわからない方は意外と多いと思います。

病院などで処方される湿布は大体冷湿布だと思いますが、

ドラッグストアなどに温湿布が売っていますし、

なんとなく温めたほうが気持ちよさそうな気がしますので。。

痛みのある際のケア方法の基本は、、

「炎症が起こっているかどうか」

で変わってきます。

炎症が起こっている際は、冷やして炎症を抑えることを第一に考えたケアをします。

炎症がおさまった後は、温めて筋や関節の動きを正常に戻すようにケアしていきます。

炎症は4つの兆候があると言われています。

①赤くなっている(発赤)
②さわると熱くなっている(熱感)
③患部が腫れている(膨張)
④さわると痛みが出る(痛み)

上記の4兆候が見られる場合は冷やして炎症を抑えましょう。

上記の兆候がよくわからない場合は、湯船につかって身体を温めた際に痛みがどう変化するのかを参考にするとわかりやすいです。

痛みが増す → 炎症が起こっているので冷やす(冷湿布)

痛みが軽減する → 炎症はおさまっているので温める(温湿布)

といった感じです。

参考になっていれば幸いです。

首の痛み
スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR