FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

WHOが「屋内”完全禁煙”」を要請!?

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体・リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「WHOが”屋内完全禁煙”を要請」です。

先日、WHO(世界保健機関)が、、

「公共の場での屋内完全禁煙を国レベルで勧めることを促す」

と厚生労働省に要請したとのニュースが流れました。

その中で、WHO生活習慣病予防部長のダグラス・ベッチャー氏は、、

「日本のたばこ対策、特に受動喫煙対策は時代遅れである」

と発言したとのこと。。

これは2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、

世界基準での禁煙対策が求められる日本にとっては耳の痛い話ですね。。

今年2017年ですので、あと3年しかありません。

世界基準での禁煙対策はどうなっているかというと、、

「公共施設」「公共交通機関」「官公庁・大学などの施設」すべてにおいて「完全禁煙」もしくは「一部禁煙」が実施されている状態

です。

アイルランド・ニュージーランド・ウルグアイ・イギリス・香港・トルコ・アメリカ(州による)

などなど、43か国が国の法律もしくは州の法律で「全面禁煙」となっているそうです。

アイルランドの場合、公共の場で喫煙した場合の罰金は日本円で約40万円ほどなんだとか。。

これは禁煙したくなりますね。

と思いきや、アイルランドの喫煙率は29%もあるそうなので、

禁煙対策をしたからといって喫煙者が劇的に減るわけではなさそうです。

一日に吸う本数が減ったりすることはあるようですが、完全に禁煙とまではいかないようですね。

ま~、たばこを吸うか吸わないかは本人次第ですので、それはさておき、

あと3年でせめて公共機関だけでも「全面禁煙」にできるように頑張ってほしいと思います。

禁煙2
スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR