FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

「ひざ裏の痛み」について

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体・リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「ひざ裏の痛み」です。

膝痛にはいくつかの種類があります。

膝の内側が痛い場合、外側が痛い場合、膝蓋骨の上辺りが痛い場合、そしてひざ裏が痛い場合です。

今日は、「ひざ裏が痛い場合」に考えられる原因についてまとめていこうと思います。


「ひざ裏の痛み」の主な原因は以下です。

・筋肉疲労

・リンパの流れが悪い

・変形性膝関節症

・後十字靭帯、前十字靭帯損傷

などなどです。

筋肉疲労に関しては、ふとももの後ろ側に筋肉(ハムストリングス)とふくらはぎの筋肉(腓腹筋・ヒラメ筋)が関係しています。

腓腹筋の停止部がひざ裏にあるため、腓腹筋が多く使われるとその部分が多くひっぱられることになります。

そうするとそこに炎症が起き、痛みの原因となるわけですね。

ハムストリングスの筋肉も同様にひざ裏の近くに停止部が存在します。

そのため腓腹筋と同様の現象が起こりやすくなります。

まずは、ハムストリングスとふくらはぎの筋肉をやわらかくするようにしましょう。

ふくらはぎの筋肉をほぐす場合は上から下にほぐすのが効果的です。

これは筋繊維に方向に寄るもので、下から上だと筋肉がちぢむ方向にアプローチしてしまうからです。

逆にリンパの流れを良くするためには下から上に流してあげるのが効果的です。

なので、まずは上から下にもみほぐすようにマッサージをし、その後、下から上になでるようにリンパを流してあげると良いでしょう。

その他の原因で気をつけなければいけないのが、前十字・後十字靭帯の損傷です。

急な方向転換時や着地時に「ブチッ」「ゴリッ」という音がし、激痛が走ったりした場合は可能性ありです。

その場合はすぐに固定し、病院へ行きましょう。

まずは、ハムストリングスとふくらはぎに筋肉をしっかりとやわらかい状態にし、

たんぱく質とビタミンCをしっかりと摂取することで靭帯を健康な状態に保つ、

というのが予防の第一歩ですね。

気になる方は実践しましょう。

膝裏
スポンサーサイト





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR