FC2ブログ
久喜市鷲宮のスモールジム&整体
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【新型コロナウイルス対策について】

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.198

こんばんは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.198」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「最近、職場やよく行くスーパーなどで怒っている人をよく見かけるような気がします。怒りと痛みは密接に関係していると聞きましたが、怒りやすい方は痛みが出やすいのでしょうか?」

最近は特に行動変容を求められる機会が増えていますので、イライラしている方が多い傾向にあるかと思います。

変化の際にストレスは付き物ですので、快ストレスと捉えてうまくこなしていきたいところですが、すべての方がそうはいかないのが現状だと思います。

また、今の時期は例の感染症の影響もあり「不安から始まる負の循環」が起こりやすいので、その影響もあるかと思います。

以前にも記したことがありますが、人間の感情には「一次感情」と「二次感情」があります。

「一次感情」→「不安」「悲しい」「さみしい」など

「二次感情」→「怒り」など

「一次感情」がたまりにたまって「二次感情」に移行するイメージですね。

普段から「不安」や「さみしい」といった「一次感情」がたまっている人ほど、「二次感情」である「怒り」につながりやすくなるため、「怒りやすくなる」と言えます。

これが「不安」から始まる負の循環ですね。

なので、まずは「一次感情」を解消することから始めていくとともに、「怒っている人」に対しては「一次感情(不安・さみしい・悲しい)」がたまっている人」と捉えてあげると少し優しい目で見れることもあるかと思います。

その上で、なるべく関わらないようにして二次被害を防いでいきましょう。

さて、「怒りと痛み」の相関性についてですが、これについても上記の内容から説明がつく側面があります。

痛みの出やすい方の特徴として「痛みの認知のゆがみがある」ということがあります。

「痛みの認知のゆがみ」とは以下の項目で当てはまることが多い状態を言います。

①全か無かの思考:物事を白か黒かと極端に捉える

②一般化のしすぎ:少数の事実を取り上げて、全てのことが同様の結果になるだろうと結論づける

③心のフィルター:悪い部分の情報だけ取り入れる

④マイナス化思考:「今日はたまたま良かっただけ」と、良い情報をマイナス化する

⑤結論の飛躍

a:心の読み過ぎ  メールをしたのに返信がない。「嫌われてしまったんだ」と、相手が自分のことを悪く考えていると決めつける

b:先読みの誤り  「歩いたら腰が痛くなるかもしれない」と否定的な予測を立てるため、意識が過剰に腰へ集中し、痛みの増悪を招く

⑥拡大解釈と過小評価:失敗の重要性を大げさに捉えたり、自分の長所や成功の価値については不適切に低く見積もる

⑦感情的決めつけ:否定的な感情によって現実を決めてしまう

⑧すべき思考:「べき」を自分に向けると罪悪感を抱き、他人に向けると怒りを抱く

⑨レッテル貼り:極端に抽象化して、全否定する

⑩個人化と責任のおしつけ:過剰に自己責任を意識したり、他人に責任を押しつける

上記の項目で当てはまるものが多ければ多いほど「痛みの認知にゆがみがある」=「痛みの出やすい考え方」ということです。

「怒りやすい方」=「一次感情がたまっている方」ですので、こうした方ほど上記の項目に当てはまるものが多い傾向があります。

特に「⑧すべき思考」が当てはまる方が多いように感じますね。

気になる方は上記の項目をチェックしてみると良いと思います。

参考になっていれば幸いです。

怒りっぽい




スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”脂質”について

こんにちは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”脂質”について」です。

今週は栄養について連続的に記してきていますので、本日も栄養について記していこうと思います。

これまでの内容を簡易的に復習しますと、、

・「栄養」を取る目的は①約半年後の身体を作るため ②今の身体を動かすため ③今の身体を調整するため

・「たんぱく質」は身体を構成する要素として重要な役割を果たすだけでなく、1gあたり4kcalのエネルギー源としても活躍する

・たんぱく質の一日の摂取量目安は「体重1kg/1g/日」

・運動量の多い方のたんぱく質の一日の摂取量目安は「体重1kg/1.5~2g/日」

・「成分」<「食品」で考えるべし

などなどを記してきました。

「たんぱく質」→「糖質」ときましたので、今日は「脂質」について記していきます。

「脂質」の主な役割としては、37兆2000億個あるとされている身体の細胞を覆っている「細胞膜」の成分となるというのがあります。

この膜の硬さによって細胞内へのエネルギーの行き来や細胞分裂にも影響が出ると言われています。

そう考えると相当重要ですね。。

脂質は大きく分けて「飽和脂肪酸(主に動物性の油)」と「不飽和脂肪酸(主に植物性と魚の油」があります。

「不飽和脂肪酸」は「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」に分けられ、このうち「オメガ3」と「オメガ6」が必須脂肪酸となります。

この二つが身体にとって必要不可欠ということですね。

「オメガ3」を多く摂ると細胞膜が柔らかくなり、「オメガ6」を多く摂ると反対に硬くなると言われています。

これらのバランスが細胞膜の硬さを決めているということです。

理想的な比率は、「オメガ3:オメガ6 = 1:2~4」と言われていますが、現代人の食事では「オメガ6」が多く摂取されがちなので、「オメガ3」を積極的に摂ることが勧められています。

油選びの基本は、、

「高オメガ3、低オメガ6、低飽和脂肪酸、トランス脂肪酸ゼロ」

で覚えておきましょう。

ちなみにトランス脂肪酸はマーガリン・ファットスプレッド・ショートニングなどを指します。

完璧にゼロにしましょうということではありませんが、基本として自分から摂りにいかないようにするのが良いかと思います。

植物油脂


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

栄養を「成分」<「食品」で考える

こんにちは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「栄養を「成分」<「食品」で考える」です。

今日も気持ちの良い秋晴れでしたね~(^^)/

もうちょっとでハロウィンですが、今年はどうなることやらという感じですね。

自分は恥ずかしながら本気で来月がハロウィンだと思っていたので、まったく何も考えていませんでした。。笑

密を避けながら楽しめると良いのではないかと思います。

さて、そんな今日は「栄養」について少しばかり。。

健康を考える上で「栄養」というのはなかなか難しいテーマであります。

というのも、「これが良い」「あれが悪い」という情報が常に飛び交っており、横断的な内容の情報があまりにも少ないからです。

これによって、TV番組等で「あれが身体に良い」と放送されると、翌日のスーパーで該当する食品が売り切れる、といった現象が起こるわけですね。。笑

少し前だと「納豆」や「サバ缶」でしょうか。

「サバ缶」は身体に良い食品ですが、それだけを食べていれば良いというわけではありませんし、毎日「納豆」を食べていれば例の感染症にかからないわけではありません。

むしろ、しっかりと「魚」や「発酵食品」を摂っている方にとっては不必要な可能性すらあります。

最近はあまり聞かなくなりましたが、「糖質制限」や「炭水化物制限」というものが一時期流行しました。

「糖質」や「炭水化物」を制限することで「痩せる」とか「身体が軽くなる」といったものですね。

この「炭水化物制限」と「糖質制限」は全く別物です。

「糖質」は「単糖類」「二糖類」「多糖類」「デキストリン(数糖類)」などの種類があり、

「糖質制限」は、そのうちの「単糖類」と「二糖類」を制限することを意味しています。

「炭水化物」は基本的に「多糖類」なので「糖質制限」の対象外ということですね。

これらのことが問題視される背景には、、

「”食品”ではなく”成分”が重視されている」

というのがあります。

例えば、、

・白米を食べている人よりも玄米を食べている人の方が痩せている

・フルーツジュースを飲んでいる人よりも果物を食べている人の方が痩せている

といった研究データが出ていることからもわかるように、同じ「炭水化物」や同じ「果糖」でも食品によって身体への影響が違うわけですね。

これらの違いは微量ミネラルや食物繊維の量の違いによって起こると言われていますが、そう考えると上記の「~制限」という考え方が若干的外れであることがわかると思います。

「成分を制限する」のではなく「食品を見直す」方が重要ということですね。

健康的な「栄養」を考える上での重要な観点だと思います。

発酵食品


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”一日のたんぱく質の摂取量目安”について考える

こんにちは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”一日のたんぱく質の摂取量目安”について考える」です。

あっという間に10月も残すところあと4日です。。

となると、今年もあと2か月で終わりますね~(*_*)。。

忘年会や一年の振り返り業務を見越して、12月はないものとして考えると「あと1か月」です。

11月に向けて気合を入れていきましょう!

さて、そんな今日は「一日のたんぱく質の摂取量目安」について記していきます。

先日も記しましたが、たんぱく質の一日の摂取量目安は、

「体重1kg/1g/日」

と言われています。

通常の生活を送っている方であれば上記の目安でOKですが、趣味スポーツを行っていたり、運動量の多い仕事をされている方、アスリートになってくると目安量は大きく異なります。

運動量の多い方のたんぱく質の一日の摂取量目安は、

「体重1kg/1.5~2g/日」

です。

体重が60kgだとすると、一般的な生活の方は「60g」、アスリートは「90~120g」とざっくり1.5倍~2倍違うということですね。

ちなみに、一般的な生活をされている方で平均的な体重であれば、一日3食食べることで目安量の「体重1kg/1g/日」はクリアされていることが多いそうです。

反対に考えると、運動量の多い生活をしている、平均体重よりも重い、一日3食食べていない、場合はたんぱく質が足りていない可能性が高いということです。

運動量の目安はMetsやEXなどもありますが、細かい計算は置いておいて「趣味スポーツもしくはトレーニングをしているかどうか」でよいかと思います。

趣味スポーツもしくはトレーニングを週1回しているのであれば「1.25g/日」、週2回で「1,5g/日」、週3回以上で「2g/日」くらいが目安です。

平均体重は「男性65kg」「女性50kg」くらいが目安です。

それ以上重い方は相対的に3食のみでは足りていない可能性が高いので、より意識してたんぱく質を取るかサプリメントで補いと良いでしょう。

ちなみに「運動した時のみたんぱく質を多めにとる」のではなく、「運動をした後3日間くらいはたんぱく質を多めにとった方が良い」と言われています。

これは筋繊維が損傷してから回復するまでの期間(48~72時間)と関わっています。

この期間を超回復といいますが、この期間中にしっかりとたんぱく質を取り続ける必要があるため運動後2~3日たんぱく質を多めに取り続けるべしということですね。

この機会に自身のたんぱく質摂取量を再確認してみると良いと思います。

五大栄養素


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”たんぱく質の重要性”をいろんな角度から考える

こんにちは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”たんぱく質の重要性”をいろんな角度から考える」です。

今日は休みでしたので、巷でうわさのGoToイートを利用して近所のレストランへ。

GoToイート効果もあってかお店は徐々に活気を取り戻してきているようでした。

そのレストランはコロナ禍に対応してテイクアウトを始めたり、クラウドファンディングを他の飲食店と協力して行うなど、先進的な取り組みをされているところで、自分も応援させていただいていたお店なので、率直にうれしかったですね。

変化できる人やお店は魅力的です。

さて、そんな今日は「たんぱく質の重要性」について少しばかり。。

「栄養」に関しては、さまざまな情報が毎日の様に飛び交っています。

・「~制限食」、「一日1食」などの制限をするもの

・「~しか食べない」など食べるものを限定するもの

・特定の栄養素を勧めるもの(「~をとれば痩せる!痛みが取れる!」などの商品)

これらはすべて「偏っている」と思います。

健康を考える上で重要なのが「中庸(ちゅうよう)」なので、両端を捉えた上で「過不足がない状態」を目指すことが適当だと思っています。

先日も記しましたが、その「栄養」は以下の三つの目的で摂取されます。

①約半年後の身体を作るため → たんぱく質

②今の身体を動かすため → 糖質

③今の身体を調整するため → ビタミン・ミネラル

これらすべてが「過不足なくある状態」で初めて三つの目的が達成されるということですね。

この中でも特に「たんぱく質」は重要です。

身体を構成する要素として重要な役割を果たすだけでなく、カロリーも1gあたり4kcalありますので、エネルギー源としても活躍します。

上記の①を主に担っているうえに②の仕事もするということですね。

身体の約20%はたんぱく質と言われていますが、その20%は内臓や皮膚など人間の身体にとって重要な部位です。

なので、単純に身体を作るというより人間の身体を作る主構成要素と捉えるべきということです。

たんぱく質の一日の摂取量目安は「体重1kg/1g/日」です。

足りていないと思う方は積極的にたんぱく質の摂取を心がけていきましょう。

タンパク質マン




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

栄養を全体像から考える

こんにちは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「栄養を全体像から考える」です。

今日も秋晴れの気持ち良い天気でしたね~(^^)/

今年は台風も少なくて比較的過ごしやすい秋だったかと思います。

気温も下がってきましたので、感染症対策を忘れずに継続して実行して行きましょう。

さて、そんな今日は「栄養の全体像」について記していきます。

「栄養」は健康体を作る上で重要な項目の一つです。

その「栄養」は以下の三つの目的で摂取されます。

①約半年後の身体を作るため

②今の身体を動かすため

③今の身体を調整するため

基本的に人間は「口から食べたもの」でできています。

もう少し細かく言うと「口から食べて吸収されたもの」でできているわけですが、今食べたものが、今すぐに身体の一部にはなりません。

「酵素」によって「消化~吸収~代謝」の流れを経て、ようやく身体の一部になっていきます。

部位によって差がありますが、短い部位ですと2~3日、長い部位で1~2年後に自分の身体(皮膚や骨など)になっていくと言われています。

自分の身体になるというのはいわゆる「新陳代謝」によって細胞が入れ替わることを意味します。

37兆2000億個の細胞が死んで生まれ変わることを繰り返して、見た目では変化はわかりませんが、常に新しい細胞と入れ替わり続けているということですね。

「”健康のために~を食べる”といった行為は半年くらいを続けないと効果がわからない」

というのは、まさにこの理由からです。

二つ目と三つ目の「今の身体を動かすため」はまさにエネルギーとしての栄養です。

エネルギーというと「糖質」を思い浮かべる方も多いと思いますが、「脂質」や「タンパク質」もエネルギーとして作用します。

また三つ目の「今の身体を調整する」に該当するビタミンやミネラル作用によって、エネルギーとしてしっかりと消費していくことができます。

「酵素」の役割を助ける「補酵素」が重要ということですね。

こうしたものをしっかりと必要量摂ることによって「今の身体」を正常に動かすことができるわけです。

①半年後の身体を作るため

②今の身体を動かすため

③今の身体を調整するため

この三つの大原則を頭に入れておくと良いと思います。

栄養2


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”伝える努力を怠らないこと”が重要

こんにちは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”伝える努力を怠らないこと”が重要」です。

※日曜日はプライベートな内容です。

今日は素晴らしい天気でしたね~(^^)/

最近は土曜日の夜が雨で、翌日の日曜日が晴れるパターンが多いように感じます。

今年は数十年ぶりに台風が上陸しない年になるかもしれないとのことですので、このままの調子で行ってほしいものです。

さて、そんな今日は日曜日なのでプライベート編を少しばかり。。

相手に自分の言いたいことや伝えたいことがちゃんと伝わらないとイライラの原因になったりします。

「ちゃんと伝わる」 = 「相手が理解する」

ということですので、「言ったつもり」とか「伝えたつもり」では不十分であることがわかります。

「相手が理解する」には以下の3段階があると言われています。

①情報の内容を把握する
②情報の内容を納得する
③情報の内容を再現する

この3つの段階を経て初めて「理解する」に至るとのこと。。

なので、この3段階のうちどれか一つでも欠けていると「伝わらない」になってしまうということですね。

具体的には、、

①相手に分かりやすい言語、表現で話す
→年代や知識レベルによって言葉のチョイスを変える
→年代や知識レベルに合わせた表現方法を用いる

②相手が納得したかを確認する
→説明後に「なにかご不明点はありますか?」などの確認

③納得を確認後に内容を一緒に反復する
→「確認のために、同じ内容をもう一度言って頂いてよろしいですか?」
→「確認のために、一緒に反復して頂いてもよろしいですか?」などなど

反復の仕方は相手に失礼のないように工夫する必要がありますが、これをすることで、グッと理解度が高まります。

そうすることで「伝わらないストレス」と「聞いてないよストレス」を回避できるということですね。

「伝える努力を怠らないこと」が大事ということです。

今週はそんなことを感じた1週間でした。。

伝わる


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.197

こんばんは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.197」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「昔からバランスが悪く、ちょっとしたことで転んでしまいます。足裏のバランスをよくするためには、どこを意識したらよいでしょうか?」

バランスの悪さを感じている方は年齢を重ねるごとに多くなっていく傾向があります。

身体のバランスをとる際には、、

・足うらのメカノレセプター

・三半規管

・目から入る情報

の3つの情報を脳が適切に処理をしてバランスをとります。

この情報の伝達がうまくいかなかったり、遅かったりするとバランスを崩してしまうわけですね。

なので、加齢によって、、

「耳が悪くなる」 → バランスが悪くなる

「目が悪くなる」 → バランスが悪くなる

という可能性が大いにあるということです。

高齢者の転倒防止を考える上で「バランス」は非常に重要だと思います。

上記の3つの要素で考えた際に、当てはまる要素が多い方は今から鍛えておいた方が良いでしょう。

「足うら」「三半規管」「目」のうちで鍛えやすいのが「足うら」です。

「足うらメカノレセプター」を活性化するには、、

・裸足で過ごす時間を作る

・足裏を刺激する(足つぼマッサージなど)

・バランストレーニング

などが有効とされています。

簡単なバランストレーニングとしては、、

→ 片足立ちをして20秒キープ

→ そのまま目をつぶって20秒キープ

→ これを交互に2セットおこなう

というのがあります。

足うらのメカノレセプターは、、

・足の親指付近

・足の指の付け根のライン

・足のかかとのライン

に多く存在すると言われています。

上記のうち特に多いのが「足の親指」が使えていないパターンです。

この場合、足うらのメカノレセプターが3分の2しか機能しなくなるので、

バランスが悪くなることは容易に想像がつきますね。

「足指」を使えるようにすることは「バランス」を考える上でも重要ということです。

まずは「足の親指」が使えているかチェックした上で、上記のバランストレーニングを実施いていけると良いと思います。

参考になっていれば幸いです。

片足閉眼立ち




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

3か月間、加圧トレーニングを実施した感想

こんにちは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「3か月間、加圧トレーニングを実施した感想」です。

最近は日が短くなったことを如実に感じますね~(*_*)。。

今年の冬至は「12月21日」ですので、折り返しまであと2か月くらいです。

今は「農場の法則」でいうところの「収穫の時期」が終わって次の種まきに向けて「畑を耕す時期」です。

とりあえず折り返し地点までは、しっかりと畑を耕して土壌を作っていきたいと思います。

さて、そんな今日は「3か月間、加圧トレーニングを実施した感想」について記していきます。

当店でトレーニングコースを導入してから、早いものでもう3か月が経過します。

8月からの導入でしたので、10月末でちょうど3か月ですね。

部位にもよりますが、細胞が生まれ変わるサイクルとして「3か月」を目安と捉えることが多いので、「身体を変えること」に関しては最低でも3か月は継続することが重要です。

「運動」に関しても「栄養」に関しても「休養」に関しても、、、ですね。

そんなこんなで当店で加圧トレーニングを含むトレーニングコースを受けていただいているメンバーさんから以下の感想をいただきました。

「自転車通勤での疲れ方が変わった(楽になった)」

「足先の冷えを感じなくなった」

「ちょっと美脚になったかも、、笑」

などなどです。

あくまで個人の感想なのですべての方に当てはまるわけではないのですが、素直にうれしいですね。

自分自身もほぼ毎日のように加圧ベルトを巻いて動いていますが、上記のような効果を秘かに感じていましたので、「それそれ~」という感じです。(ちなみに美脚は感じていません。。笑)

これからもこのトレーニングは続けていきたいと思いますし、もっと多くの方に体験していただきたいと思います。

加圧①


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”加圧ウエア”の有効性について

こんにちは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”加圧ウエア”の有効性について」です。

今日はすっきりとしない天気でしたね~(*_*)。。

今週末に運動会という学校も多いようですので、天気が気になるところです。

さて、そんな今日は「加圧ウェア」について少しばかり。。

今週は「加圧トレーニング」について連続的に記してきていましたが、当店では「加圧ウェア」を着用したトレーニングをご提供しています。

これがかなりの優れものです。。

「性能が良い」とか「着心地が良い」とかではなく、単純に「自宅でいつでも加圧トレーニングができる」という点で優れています。

以前も記した通り、成長ホルモンの分泌は15歳くらいをピークに徐々に分泌量が減少していきます。

完全に出なくなるわけではありませんが、減ってしまうことは事実ですね。。

成長ホルモンは主に細胞の再生・修復を促進する作用があるため、このホルモンの分泌が減るということは「細胞の再生・修復」に影響が出ると考えられます。

そうなると、加齢とともに成長ホルモンの分泌を促すなにかをする必要が出てくるということです。

まず第一に考えられるのが「質の高い睡眠」です。

入眠から3時間くらいの時間帯が一番深い眠りだと言われています。

眠りの深さと成長ホルモンの分泌量は比例していますので、この時間でいかに深く寝るか(質の高い睡眠を取るか)が重要になってきます。

質の高い睡眠を取るためには以下の方法が有効とされています。

・日中に日の光を多く浴びる

・トリプトファンを摂る

・寝る3時間前までに食事を済ます

・寝る1時間前までに入浴を済ます

・寝る前、1時間はスマホ、テレビ、パソコンなどの画面を見ない

・寝れなそうな場合は、寝る1時間前に「アスタキサンチン」「亜鉛」「日本酒(60mlまで)」を摂る

・午後以降はカフェインの摂取を控える

・日が暮れたら、室内の照明を暗めに設定する

などなどです。

これらを実践した上で、さらに成長ホルモンを促すためには「加圧トレーニング」が有効ということですね。

しかも、できるだけ多い回数実施できることが望ましいです。

そこで「加圧ウェア」が最適な選択肢の一つになるわけです。

気になる方は気軽に当店へお問い合わせくださいm(__)m

加圧


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
スモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR