FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

「病は気から」を考える

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”病は気から”を考える」です。

梅雨らしい天気が続いております。。(*_*;

例年ですと20日前後で梅雨明けなので、あと10日くらいの辛抱ですね。

今年は沖縄の梅雨明けが早かったので、関東も早いことを願います(>_<)

さて、そんな今日は「病は気から」について少しばかり。。

数年前に「完全な健康はない」という考え方をご紹介しました。

「人はすべて大なり小なり病人である」

「元気の良い病人として今日一日を生きる」

という内容だったのですが、今まさにその考え方が必要なのかなと思います。

「病は気から」と言われていますが、「自分は病気だ、、」と落ち込んでいるとどんどん病状は悪化します。

逆に上記のように「病人なりに元気に生きよう」としている方は長寿だったりするわけですね。

これはいままで「なぞ」とされてきた現象に対しての一定の解にもなり得ると思います。

それは、、

・100歳を超えるおばあさんが毎日たばこを吸っている

・アイスクリームを毎晩ボール一杯食べる長寿の方がいる

・ドクターペッパーを毎日3杯飲むのに100歳を超えている方がいる

などなどの「明らかに不健康とされていることをしているのに長寿」というなぞです。

上記のような方は自身のやっていることを身体に悪いとは思っていません。

注意をされても「だからなに?」という感じだと思います。

要は「完全な健康などない」「自分の人生を謳歌している」ということだと思います。

「新型コロナウイルスにかからないために生きる」のではなく、

「新型コロナウイルスにかからないように注意しながら人生を謳歌する」ということですね。

これくらいは大丈夫という基準を守ることが大事で、その上に健康があります。

だからと言って、感染症を軽視したり、身体の悪いとされているものを摂りまくって良いということではありませんが、

あくまで「完全な健康などない」ので、適量を守って元気な病人として生きることが大事ということだと思います。

高齢者


スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR