FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

「柔軟性の目安」を再確認!

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”柔軟性の目安”を再確認!」です。

今日は梅雨とは思えぬカラッとした天気でしたね~(^^)/

明日以降はまた雨の日が続くようですので、梅雨の小休止といったところでしょうか。

さて、そんな今日は「柔軟性の目安」について復習的な内容を記していきます。

痛みの出にくい身体になるために”柔軟性”は不可欠です。

柔軟性がないと、、

・他の部位に負担がかかる

・筋肉や腱を痛めやすくなる

・可動域が狭まり、動きに制限がかかる

などの弊害が起こります。

肩こりや頭痛などの場合、「肩甲骨」の柔軟性が重要視されています。

これは「肩甲骨」が上肢(腕)を体幹につなげる役目をしているためで、

ここが硬いとうまく体幹と連動した動きが出来なくなってしまいます。

腰痛やひざ痛の場合は、「股関節」の柔軟性が大事です。

これも「肩甲骨」と同様に下肢(足)を体幹につなげているのが「股関節」だからで、

体幹と連動した動きをするためには「股関節」が柔軟でなければいけないわけですね。。

では、この「肩甲骨」と「股関節」はどのくらい柔軟性があれば良いのでしょうか。

簡単な目安としては、、

「肩甲骨」 → 背中で両手の指が触れること(バックスクラッチ)が出来ればOK

「股関節」 → 股わりをして肘を前の床につけられればOK

という感じです。

これが最低ラインで、股わりぴったり180℃になる必要はないわけですね。。笑

気になる方はチェックしてみましょう。

そして、柔軟性が足りない場合は早めに改善するようにしましょう。

ストレッチ2


スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR