FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

「不安」 or 「希望」?

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”不安”or”希望”?」です。

※日曜日はプライベートな内容です。

いよいよ今日で5月が終了となりました~(^^)/

あっという間に2020年も5か月が経過しましたが、

6月には「夏至」がきますので、折り返しはそこになります。

ここ数か月の自粛期間が、

「あれ、なんだったんだろうね~笑」

と言える日が早く来てほしいですね。

本来であれば、今頃「東京オリンピック」の話題で盛り上がりまくっているはずでしたので、

本当に世の中何が起こるかわからないとみんなが感じたのではないかと思います。

こうした先が見えない世の中には「不安」と「希望」が入り混じっています。

「病は気から」

なんて言われますが、、

「気持ち(心)のありよう」

によって病にかかりやすくなるかどうかが決まってくることは、昔からよく知られていることです。

「不要なストレス」を避けるために有効なのが、、

「”不安”よりも”希望”を選ぶ」

という考え方です。

上を向いているのか、下を向いているのかの違いとも言えますが、

希望を見ている人と不安を見ている人ではストレス度が違います。

「”こうならない”ためにこうしよう」

ではなく、

「”こうなりたい”からそうなるためにこれをしよう」

という考え方をすると自然とポジティブになります。

ポジティブな方が同じことをしていても感じ方が全く違ってきますので。

「”不安”ではなく”希望”を選ぶ」

健康的な心を保つ上での大事な考え方だと思います。

希望


スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.176

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.176」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「急に肩が上がらなくなってしまいました。いわゆる五十肩だと思うのですが、なぜ急に上がらなくなるのでしょうか?」

急に肩が上がらなくなった経験がある方は多いかと思います。

四十肩や五十肩に関しては、しっかりとした原因がわかっていないのが現状です。

「肩関節周囲炎」と言われ、肩関節の周囲で何らかの炎症が起こることによって、

「急に肩が上がらない」

という現象が起こるとされています。

なので、肩関節の周囲で炎症が起こらないようにすることが予防になります。

「肩が上がる」ということは「腕が上がる」ということなので、

「腕が上がる」までのプロセスを見ていくと、、

→肩関節で60度まで上がる

→その後、肩甲骨も連動して上がる

→その後、鎖骨も連動して上がる

という流れがあります。

「腕が上がる」というプロセスの中で「肩関節」「肩甲骨」「鎖骨」が連動して動いているということですね。

さらに、その土台となっているのが「胸椎・胸郭」です。

ここの動きが悪いと上記3つの位置がずれてしまったり、

正しい動きができない原因となるため「胸椎・胸郭」も見ていく必要があります。

なので、「肩が上がらない(腕が上がらない)」ということは、

一概に「肩関節がかたいからですね」では解決できないということです。

しっかりと専門家に相談して原因を見極めていけると良いと思います。

参考になっていれば幸いです。

五十肩


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コロナ禍で増えた「スマホの利用時間」による弊害

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「コロナ禍で増えた”スマホの利用時間”による弊害」です。

今日は気持ちの良い晴天でしたね~(^^)/

徐々に夏が近づいてきているのを感じる今日この頃です。。(その前に梅雨が来ますが、、)

さて、そんな今日は「スマホの利用時間増加の影響」について少しばかり。。

コロナ禍でのステイホームの影響で、、

「スマホの利用時間」

が増えているそうです。

これにより、、

・ブルーライトの影響で睡眠の質が下がる

・前かがみの姿勢の増加による首肩のハリや腰痛の増加

などが懸念されています。

また、「スマホの利用時間」が増え、「SNS」の利用時間も増えることで、

「長期的ストレス」も増えると言われています。

「SNS」などのコミュニケーションツールがなぜ「長期的ストレス」につながるかというと、、

・人間の脳は本当に必要なものではなく、他人が持っているものに注意を向ける不幸な傾向があるため

・いつでもつながっている安心感と裏腹につながらなくなった時の不安感が増すため

などが挙げられています。

つまり、SNSの投稿を見て羨ましがったり妬んだりしてしまうストレスと、

普段簡単に取れるはずのコミュニケーションがうまくとれなくなった時のストレスが、

「長期的なストレス」として常時私たちの身体にかかってきてしまうということです。

これを防ぐためには「SNSファスティング(断食)」が有効なんだそうです。

「SNSをやる時間を決める」

「メールなどのチェックをする時間を決める」

などの軽い設定でも有効なようですので、

まずは一日のスケジュールの中で「スマホタイム」を決めるところから始めてみると良いかもしれません。

スマホ3


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「歯磨き」の意外な常識とは!?

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”歯磨き”の意外な常識とは!?」です。

先日は「歯」について記しました。

日本と世界では「歯磨き」について大きな違いがあります。

世界の12歳児の虫歯の本数を比べたデータによると、、

日本 → 2.4本

アメリカ → 1.4本

ニュージーランド → 1.5本

オーストラリア → 1.1本

フィンランド → 1.1本

スウェーデン → 1本

なんと、ワースト1位です。。

世界の子供たちはよっぽど”歯みがき”をしているんだな~と思いがちですが、実はそうではありません。

一日一回以上の歯みがきをする子供の割合を見るデータでは、、

日本 → 92%

スウェーデン → 83%

フィンランド → 34%

といった感じで、日本の子供たちは諸外国の子供たちに比べて、まじめに一番歯みがきをしています。

では、なんで日本の子供たちの虫歯が多いかというと、、

「歯みがきの習慣の違い」

が大きくかかわっていると言われています。

日本の場合は「食後に歯みがきをしましょう」と言われていますが、

世界的には「食後は歯みがきはしない」のが常識です。

食後は歯みがきをせず、デンタルフロス等で歯の掃除のみを行い、

「寝る前と起床後にしっかりと歯を磨く」

というのが、世界的な歯みがきのタイミングの常識なのだとか。

これには以下の理由があります。

・食後は口腔内が酸性化しており、歯のエナメル質がもろくなっているから

・食後に出る唾液を洗い流さない方が良いから

などなどです。

要は、虫歯になる原因は寝ている時の口内環境にあるということですね。

世界の人々は、ここをしっかりと良い状態にすることで、虫歯を防いでいるということだと思います。

虫歯予防をしたい方は、早速実践していきましょう。

虫歯


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

健康管理で見逃しがちな箇所は「歯」!?

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「健康管理で見逃しがちな箇所は”歯”!?」です。

緊急事態宣言が解除されて3日目です。

少しずつ新たな行動様式に慣れていきたいところです。

さて、そんな今日は「歯」について少しばかり。。

「歯」の不健康状態の代表が「歯周病」です。

「歯周病」とは、、

歯の周りで細菌が感染することによって起こる炎症性の疾患。

です。

「歯周病」は放っておくと、糖尿病や心筋梗塞、脳卒中などの原因にもなり得ると言われています。

そんな「歯」の不健康状態を治療するために使われている医療費が、、

「2.7兆円」

だそうです。

日本では「歯科医院」がコンビニよりも多くあると言われています。

確かに近所で歯医者さんを探すとすぐに3~4軒は見つかりますよね。

にもかかわらず、日本人の「歯」への関心度は低く、実際に医療費が2.7兆円もかかってしまっているのは、

「歯」の治療を怠った結果、治療に大きな費用が掛かってしまっていることが一因と言われています。

かくいう自分も、恥ずかしながら「歯」に意識を向け始めたのはここ最近です。

虫歯のように痛みが出てから歯医者さんに行くのではなく、

最低でも半年に1回は定期的にクリーニングをしに行かなければいけませんね。。

全身への影響を考えると必須行動になるのではないかと思います。

特に最近では「認知症」との関係も取り上げられていたりするので、

気になる方は「歯のケア習慣」を見直してみると良いかもしれません。

歯磨き3


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

寿命に関係する「性格」とは!?

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「寿命に関係する”性格”とは!?」です。

いよいよ新しい行動様式がスタートしております。

いまだに2枚のマスクは届きませんが、マスクの高騰や転売がストップした功績をたたえたいと思います。。笑

さて、そんな今日は「寿命と性格」について少しばかり。。

性格を「ビック5」という5つに分類する考え方があります。

・開放性
→好奇心旺盛で新しいことにも心を開くオープンマインドな性格

・勤勉性
→自己統制力や真面目さを表す性格

・外向性
→社交的で外の世界に対して積極的に関わる性格

・協調性
→他人を思いやる優しさに満ちた性格

・神経症傾向
→不安や緊張が強い性格

この中で、寿命に関係があるという結果が出ているのが「勤勉性」だそうです。

一般的には、「開放性」や「外向性」が寿命と関わりが深いと考えられていますが、

ある研究では「勤勉性」が寿命とおおきく関わっているとされています。

理由として、勤勉な人は「運動した方がいいよ」とすすめられたら素直に運動しようとするし、

「お酒はほどほどにした方がいいよ」と言われたらちゃんと言うことを聞く、

食べ過ぎたり飲み過ぎたりしないし、あまり無謀なことをしないから死亡リスクも低くなる、

とのことです。

日本人が長寿な理由がよくわかる気がしますね。。

今回のコロナ禍でも「自粛要請」といったお願いベースの対策だったにもかかわらず、

多くの方が自粛をして、結果として1か月半ほどで終息に向かうことができました。

まだまだ不安もあるかもしれませんが、一定の結果が出たことは素直に喜びたいですね。

新たな行動様式に準じながら、少しずつ人生を楽しむことを増やしていけると良いのではないかと思います。

面白い大人


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「コロナ禍」での「人間関係の変化」よってわかった意外な事実

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”コロナ禍”での”人間関係の変化”によってわかった意外な事実」です。

少し前に「コロナ禍での人間関係の変化」という記事を記しましたが、その中で、、

・普段家にいない旦那さんが家にいるようになった(テレワーク)

・学校が休みになったり、オンラインでの授業になり、家にいるようになった

・仕事が休みになって、やることがなくなった

などで関わる人が限定的になったため、人間関係の最小単位の見直しが行われている旨を記しました。

これとは別の観点で新たに分かった事実として、、

「4月の自殺者数が前年よりも20%減った」

そうです。

自分がお世話になっている方のメルマガで初めて知りましたが、かなり意外でした。。

失業者が増えると自殺者も増えると言われていますので、これからの推移がどうなるかはわかりませんが、

少なくとも4月の段階では減少したということですね。

この要因はなんと、、

「職場や学校に行く機会が減ったから」

と言われています。

テレワークや休校によって職場や学校へ行く機会が減ったため、それらでの人間関係の悩みも減ったということですね。

「職場での人間関係」や「学校での人間関係」に悩んでいる人がいかに多いかということが浮き彫りになった形です。

「コロナ禍」で人間関係が一変したことによって、人間関係の重要性が改めて浮き彫りになりましたね。。

今日で緊急事態宣言が全国的に解除されましたが、

「人間関係の重要性」はしっかりと認識していきたいところです。

人間力


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「コロナ禍で新たに体験したサービス」で改めて分かったこと

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”コロナ禍で新たに体験したサービス”で改めて分かったこと」です。

※日曜日はプライベートな内容です。

今日は比較的気温の高い一日でしたね~(*_*;

じわじわ梅雨の季節に入っていっているように感じる今日この頃です。。

さて、そんな今日は日曜日なのでプライベート編を少しばかり。。

新型コロナウイルスの影響で、様々なサービスが変化を余儀なくされています。

変化幅の大きいところはやはり「飲食業」でしょうか。

大人数で集まることがNGになっていますので、、

「飲み会はZOOMでやっている」

「外食ではなくてデリバリーやお持ち帰りを利用している」

といった形で、従来の利用方法と大きく異なる体験をしています。

自分もこれらのサービスを体験しましたが、改めて分かったことが、、

「やっぱり、リアルのサービスの方が良い点がいくつかある」

ということです。

「ZOOM飲み会」にしてみても、やはりリアルの飲み会の方がワイワイできて楽しいです。。笑

どうしてもZOOMですと、音の取り合いになってしまうので、

今話している人が終わってから次の人が話すという風にしないと、

お互い譲り合ってしまい、謎の間が生まれるのが何とも言えないですね。。

「デリバリーやお持ち帰り」はとても便利でこれからを利用したいと思うのですが、

「家庭ごみが増える」「ちょっとした洗い物が出る」などを考えると、

「外食の良さ」が際立つように感じます。

「外食」であれば、家庭ごみは増えませんし洗い物も出ないので、

いわゆる「上げ膳据え膳」でいつもと違う雰囲気で食事を楽しむことができます。

改めて「外食」のありがたさが身に沁みますね。。笑

明日、埼玉を含む全国すべての地域が緊急事態宣言解除となる見通しです。

コロナ禍で生まれた「新たなサービス」と「衰退したサービスの復活」、

どちらも注目して見ていきたいと思います。

新たな一歩



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.175

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.175」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「ひざの下あたりにふとした時に痛みを感じます。通常のひざの痛みはひざ関節の中が痛い感じだと思うのですが、下のあたりが痛いのは何が原因なのでしょうか?」

「ひざ痛」にもいろんなパターンが存在します。

・上下が痛いパターン

・左右が痛いパターン

などですが、ご質問者様の場合、「下の方」ですので「上下痛」に該当します。

下の方に痛みが出るパターンでよくあるのが、、

「大腿四頭筋の拘縮」

です。

いわゆる太ももの前の筋肉がかたくなってしまうことが原因なのですが、

これは「大腿四頭筋」の付着している箇所と関係しています。

筋肉は基本的には骨についており、骨と骨を結んでいます。

「大腿四頭筋」の場合は、大腿直筋、内側広筋、外側広筋、中間広筋の4つの筋肉が一つにまとまって、

膝蓋骨(膝のお皿)を介してひざの下に付着しています。

なので、「大腿四頭筋」を使えば使うほどひざの下の付着部が引っ張られてしまいますので、

それによって炎症などが起こると「痛み」が発生するという流れですね。

全てが当てはまるわけではありませんが、太ももの前の筋肉を柔らかくすると、

ひざ下の痛みが軽減する可能性がありますので、

まずはそこからアプローチしてみると良いのではないかと思います。

参考になっていれば幸いです。

ひざ痛2


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自粛期間で増加している「ランニング」について

こんばんは。

久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「自粛期間で増加している”ランニング”について」です。

昨日は3府県が緊急事態宣言解除されましたが、埼玉はもう少し辛抱が必要なようです。。

最短で25日が目安になるようですので、もう少し頑張っていきましょう。

さて、そんな今日は「ランニング」について少しばかり。。

ランナーの方には耳の痛い事実として、、

「ランナーの約70%は何らかの傷害を抱えている」

ということがあります。

これは、「走る」ということを「長時間」行うことによって、、

・膝を代表とする各種関節に多くの負担がかかる

・足に傷害が起こることが多いため、その影響が全身に及ぶことがある

・酸素を多く取り込むため体内の酸化が早まる

などなどによって起こるとされています。

なので、「ランニング」=「健康」ではないということですね。

これは「酸化(老化)」の観点からも言えることです。

・哺乳類の一生の心拍数は「約20億回」

・呼吸数が「心拍数÷4= 約5億回」

と言われていますので、長生きするためには、、

「心拍数を上げすぎないこと」

「呼吸数を増やしすぎないこと」

が重要ということになります。

長時間のランニングによって呼吸数が増えると、

体内に取り込む酸素の量も増えてしまうため、

酸化(老化)も進んでしまうということですね。。

これを防ぐためには、、

・短時間の高強度の有酸素運動(HIITなど)

・心拍数や呼吸数が急増しないウォーキング

などが有効です。

「ランニング」も良いですが、「健康」の観点から見ると、上記への代替えも検討できると良いかもしれません。

一日8000歩


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR