FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.159

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.159」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「指の関節に異常があるのですが、それが原因で肩こりが起こるというのは考えられるでしょうか?肩こりになったことのない友人が指の異常もないことからそんなことを考えてしまいました。」

指の関節が腫れてきたり、変形して来たりする方は特に女性に多くいらっしゃいます。

手指の変形性関節症や関節リウマチなどが考えられますが、どちらも女性の方が発症確率が高いのが特徴です。

手指の変形性関節症とは、、

・ヘバーデン結節 → 指の第一関節を中心にコブ状の腫れや変形症状をもたらす疾患
・ブシャール結節 → 指の第二関節を中心にコブ状の腫れや変形症状をもたらす疾患

などです。

「へバーデン結節」と「ブシャール結節」は第一関節か第二関節かの違いですが、「関節リウマチ」との違いは朝方に手のこわばりや痛みを伴わない点です。

関節リウマチとは、、

免疫の異常によって関節の内側を覆っている滑膜に炎症を起こし、関節が腫れたり、痛みを起こす病気

です。

「手指の変形性関節症」とは違い、朝方に手のこわばりや痛みを伴います。

30~50歳代の女性に多く発症するのが特徴で、原因は不明です。

何らかの原因で自己免疫システムに異常をきたし、自身の骨膜を外敵と勘違いして攻撃してしまうことで炎症が起こるとされています。

気になる場合は、まず「変形性関節症」なのか「関節リウマチ」なのかを病院で診断してもらうようにしましょう。

その上で、具体的な対策としては、、

・手全体を温めて血行を良くする(入浴、マッサージなど)

・免疫力を高める、整える
→腸内環境を整える
→質の高い睡眠をとる
→マインドフルネスなどでストレス回避

・ビタミンB郡の摂取(脳の中枢神経や手足の末梢神経を正常に保つ)

などです。

原因がいまいちはっきりとわかっていないため、日々の健康習慣を強化することがとりあえずの対策となります。

そして、これらのことが「肩こり」に影響するかというと「何とも言えない」というのが正直なところです。

「肩こり」の主な原因としては、、

・上腕コントロール不足

・ストレートネックなどによる首が前に出てしまう角度

・寒さなどによる肩をすくむ動きの増加

・三角筋の出力不足

・肩甲骨の柔軟性不足

などなど多くの原因が考えられます。

「肩こり」を改善したいのであれば、まず上記の原因を疑ってみると良いと思います。

参考になっていれば幸いです。

肩関節


スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR