FC2ブログ
久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&ボディケアサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週日曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
Facebookはこちら
無料メール会員登録はこちら

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.136

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.136」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「先日、寝起きで背中に痛みが走り、痛みに耐えながら起きあがるということがありました。その後、翌日には痛みが取れたのですがいったい何の痛みだったのでしょうか?」

寝起きで痛みが出るパターンは多くあります。

「寝違え」が主なパターンですが、

「首」以外にも「背中」や「腰」が、

寝起きで痛くなるケースもあります。

今回のケースは「背中」ですので、「寝違え」もしくは「ぎっくり背中」という感じかと推測されます。

原因としましては、、

・急な動きによる筋膜の損傷

・背中周辺の筋肉疲労

・運動不足

・猫背、ストレートネック

・脱水

などが考えられます。

予防法としましては、、

・背中周辺の筋肉を柔らかくする(入浴、マッサージ、ストレッチなど)

・猫背、ストレートネックの改善

・前かがみの姿勢を長時間とらない

・寝る前に「水分+塩分」を補給してから寝る

などなどです。

今の時期はクーラーの影響などによる「冷え」も原因となったりしますので、

身体を冷やしすぎないように注意していけるとなお良いと思います。

参考になっていれば幸いです。

ぎっくり背中


スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.135

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.135」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「”一日一食ダイエット”を実践している方が、1ヵ月で6kg痩せたと言っていました。私もやろうと思っているのですが、やる上で何か注意点などはありますか?」

「一日一食ダイエット」は数年前に流行したダイエット法ですね。

「朝バナナダイエット」や「酵素ダイエット」のように、

流行しては消える「流行ダイエット」の一つと考えてよいかと思います。

少し前のブログでも記したかと思いますが、

「ダイエットを成功させる秘訣はダイエットをしないこと」

です。

とある研究で、4900人の男女に、、

”24歳”の時の体重・生活習慣と”その10年後(34歳の時)”の体重・生活習慣を比較したもの

がありました。

結果は、、

・約75%は体重が増加していた

・体重をキープしていたのは約25%

・体重が減っていたのは男性3.8%、女性7.5%のみ

で、この体重が増えた人(75%)と体重をキープもしくは減らした人(25%)の大きな違いは、なんと、、

「ダイエットをしないこと」

だったそうです。

体重が増えた人は痩せるために過度なカロリー制限(ダイエット)などをしがちで、

それが長期的な目で見るとドカ食いなどにつながり体重増加につながるとのこと。。

逆に体重をキープした人は一定の食事パターンを維持していることが多く、

過度にカロリーを制限(ダイエット)をしたりはしない傾向が強かったそうです。

これはつまり、、

「体重をキープしたい方は”ダイエットをしない”方が良い」

ということですね。

「ちょっと太ってきたから”一日一食”ダイエットしよう」

は逆効果ということですね。

現状の食習慣を見直して、

「ずっと継続できるものに改善してコツコツ続けること」

だけが唯一のダイエット法ということです。

参考になっていれば幸いです。

ダイエット


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.134

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.134」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「ふくらはぎの外側に痛みがあります。なぜ外側に痛みが出るのでしょうか?」

今の時期は、ふくらはぎの違和感や痛みを訴える方が増える時期ですね。

多くの原因は、、

「”脱水”による血行不良」

ですが、外側に痛みがあるとなると別の要因も重なっている可能性があります。

よくあるものを挙げると、、

・かかとが外側に倒れやすい
→かかとが不安定な靴を常用している(サンダルなど)

・足の外側のアーチが落ちている
→小指の爪が外側を向いている

・足首がかたい

などなどです。

なので、ふくらはぎのケアをしながら上記の原因を一つずつ潰していけると良いと思います。

まずは、、

①かかとが安定している靴をしっかりと履く

②足のトレーニングで足を整える

③足首のトレーニングで足首の可動域を正常にする

というステップで改善していければよいと思います。

参考になっていれば幸いです。

足のむくみ2


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.133

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.133」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「マットレスを高反発にするか低反発にするか悩んでいます。どちらの方が良いのでしょうか?」

寝具に関しては、自身に合ったものを選ぶのが非常に難しいと思います。

一番難しいのが「枕」ですが、マットレスも一概に「これが良い」とは言い切れないのが現状です。

現段階でわかっていることとしては、、

・「マットレス」で睡眠の質が変化することはある

・しかし、どのマットレスが良いかは個人差が大きい

という感じです。

ちなみにここ十年くらいで「低反発」→「高反発」へトレンドが移行しています。

なので、現状のトレンドは「高反発」で、効果としては、、

・脊柱のアライメントが整いやすい

・寝返りが打ちやすい

などが言われています。

「寝返り」が多い方が痛みが出にくいのは確かなので、

どちらかと言えば「高反発」をお勧めしていますが、

稀に「低反発」の方が痛みが少ないという方がいるのも事実です。

なので、、

①現状で寝起きの痛みが強い場合は、まず「高反発」を試す

②それで痛みが変わらなければ「低反発」を試す

という順番が良いかと思います。

参考になっていれば幸いです。

寝起き2


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.132

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.132」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「背中に痛みが走ります。今までにないような痛みなのですが、整体でどうにかなるのでしょうか?」

「背中の痛み」を訴える方は多くいらっしゃいます。

「背中の痛み」の場合は、、

「外科的疾患」と「内科的疾患」

の両方の可能性があるため注意が必要です。

「外科的疾患」の場合、単に「ぎっくり背中」のような「急性の痛み」の場合もあれば、

長時間の前かがみの姿勢などによる「慢性の痛み」もあります。

「内科的疾患」で疑われる疾患は以下です。

・肝炎
→背中の右側に痛みが出る
→黄疸が出る
→発熱、食欲不振、嘔吐など

・胆石症、胆のう炎
→背中の右側~右下あたりに痛みが出る
→黄疸が出る
→下腹部から右脇腹上部にかけて痛みが出る
→尿の色が濃くなる
→白い便が出る

・腎結石、尿管結石
→下腹部~脇腹~背中にかけて突然痛みが出る
→吐き気、嘔吐
→冷や汗
→排尿痛、残尿感、頻尿など膀胱炎に似た症状が出ることもある

などなどです。

なので、「整体でどうにかなるか?」と言われれば「外科的疾患」であれば有効な場合がありますが、

「内科的疾患」の場合は病院へいくことをお勧めするという感じになります。

参考になっていれば幸いです。

ぎっくり背中


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR