FC2ブログ
久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&ボディケアサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
Facebookはこちら
無料メール会員登録はこちら

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.153

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.153」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「重いものを持つ作業を繰り返した次の日から”肘”に痛みが出ました。いままで重いものを持って”腰”に痛みが出ることはよくあったのですが”肘”は初めてでした。何か良い対策はありますか?」

重いものを持って「肘を痛める」方は多くいらっしゃいます。

原因はさまざまありますが、多いのが、、

「上腕コントロール不足」

です。

腕は「上腕(肩~肘)」と「前腕(肘~手)」に分かれます。

この時に「上腕」をうまくコントロールできていないと、、

→前腕のみが動く

→上腕が動かないため、前腕との間にねじれが生まれる

→肘への負担が増える

→その状態で重いものを持つことで損傷する

という流れが起こりやすくなります。

上腕と前腕がねじれて「肘」の部分で雑巾絞りのような状態になっているわけですね。

その状態でさらに圧がかかれば痛めてしまうのも無理はないということです。

「上腕と前腕のねじれ」の簡易的な検査法は以下です。

→鏡に向かってまっすぐ立つ

→両腕を脱力した状態で、「親指の爪の向き」と「肘関節の真ん中の向き」を見る

→同じ向き:○、違う向き:×

という感じです。

まずはねじれの有無を確認して、もしねじれがあるようであればそこから改善していけると良いと思います。

参考になっていれば幸いです。

ゴルフ肘


スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.152

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.152」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「年末になると”やる気”が全く出なくなります。自分だけなのかもしれませんが、なんとかやる気を出そうとしてもなかなか出ません。何か良い方法はありますか?」

年末のやる気が出ない方は多くいらっしゃいます。

「年末要因」とも言われますが、「年末」になると、、

・日照時間が短くなり、睡眠の質が落ちる

・「冬至」までは副交感神経優位になりやすいため、やる気が出にくい

・「モラル・ライセンシング」が起きやすい

などなど、やる気が出にくくなる要因が多くなりますので、

そういう方が増えるのも納得がいくかなと思います。

ちなみに「モラル・ライセンシング」とは、、

良いことをした後に、悪いことをしても良いと思ってしまう行動心理。
頑張った後に、サボっても良いと思ってしまう行動心理。

のことです。

年末になると1年間を総括する機会が増えるため「今年も頑張ったな~」という気持ちになりやすく、

その反動で「少しくらいサボっても良いか」という行動が起きやすくなるわけですね。

それを防ぐためには、、

「あえて考えない時間」

を作って上手にサボることが大事です。

一日に1時間くらいは「あえてサボる時間」を作ると、

その後のやる気がいつもより上がってきたりします。

「押してダメなら引いてみろ作戦」ですね。。笑

無理にやる気を出そうとせずに、あえてサボってみることが意外と有効なことがありますので、

試してみると良いと思います。

参考になっていれば幸いです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.151

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.151」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「長時間のパソコン仕事をした後に、肩甲骨の上の辺りが痛くなってしまいました。首が痛くなることはいままでにもあったのですが、肩甲骨が痛くなるのははじめてでした。なぜこのようなことが起こるのでしょうか?」

長時間のパソコン仕事で「痛み」が出る方は非常に多いです。

パソコン仕事の時の姿勢が主な原因ですが、

首に関しては、「首の角度」によって身体にかかる重さが増してしまいます。

横から見たときの首の角度 → 身体にかかる重さ

 0度 → 4.5~5.5kg
15度 → 12kg
30度 → 18kg
45度 → 22kg
60度 → 27kg

パソコン仕事中は、首が前に出てしまいがちなので「首の負担」は大きいですね。

まずは日常的に首の負担が大きかったことが、

肩甲骨の上の辺りの痛みにつながってしまった要因かと思われます。

肩甲骨の上の辺りには「肩甲挙筋」という筋肉がついています。

この筋は首の方までつながっていますので、

首の負担が多いと「肩甲挙筋」にも負担が来ます。

なので、「肩甲骨の上の辺り」に痛みが出たのではないかということですね。

まずは「首の負担」を下げるために「首の角度」を気をつけてみると良いと思います。

参考になっていれば幸いです。

肩甲骨


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.150

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.150」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「もともとO脚で悩んでいたのですが、運動を始めたことをきっかけにひざに痛みが出るようになりました。やはりO脚が原因なのでしょうか?」

「O脚」が原因でひざ痛が起こることはよくあります。

ひざ痛患者は約3000万人いると言われていますので、

すべての方が当てはまるわけではないのですが、

「O脚」や「X脚」が原因になることは多いですね。

その他の主な原因としては、、

・過体重
→「体重が1kg増えるにつき、膝の負担が8kg増える」と言われている

・足首がかたい

・股関節の機能不全

・太ももの部分とすねの部分がねじれている

・ふとももの前の筋肉がかたくなっている

などが挙げられます。

「O脚」や「X脚」は上記の中の「太ももの部分とすねの部分がねじれている」に当てはまります。

そこがねじれたままで曲げ伸ばしを繰り返すことで、ひざを痛めてしまうわけですね。

まずは「ねじれの解消」を行い、それでもよくならない場合は上記の他の要因を疑ってみると良いと思います。

参考になっていれば幸いです。

膝に水


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.149

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.149」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「妊娠をきっかけに、腰~臀部にかけて痛みが走ります。骨盤が開いてきているからかなと思うのですが、一人目の時にはない痛みです。何か良い対処法はありますか?」

妊婦さんの身体の変化に伴う痛みは人それぞれです。

今回のご相談者様のように「腰~臀部」に痛みが出る方もいれば、

「下肢」に痛みが出る方もいます。

考えられる原因としましては、、

・骨盤が開くため、アライメントが一時的に崩れる

・赤ちゃんの重みによる負荷

・普段の生活による姿勢

・もともとの姿勢や身体の使い方のクセによる痛みが顕著に出る

などなどが考えられます。

「骨盤」や「赤ちゃんの重みによる負荷」は致し方ない部分なのですが、

「普段の姿勢」や「もともとの姿勢や身体の使い方のクセ」の部分は対処が可能だと思います。

「腰~臀部」の痛み言いますと、、

・座り姿勢の際に左右のどちらかに偏らないようにする

・立ち姿勢の際に左右どちらかに偏らないようにする

・股関節のトレーニング(軽い体操)

・胸椎の動きを良くする(軽い体操)

などが有効かと思います。

妊婦さんですと動きに制限があるため、なかなか劇的な改善は難しいと思いますが、

できる範囲で無理なく「股関節」と「胸椎」を動かしていけると良いと思います。

参考になっていれば幸いです。

妊婦2


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR