FC2ブログ
久喜市鷲宮の整体リラクゼーションサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【コロナ支援!前売り券のご購入はこちら】

【新型コロナウイルス対策について】

「環境」の重要性

こんばんは。

高橋です。

今日のテーマは「環境の重要性」です。

ちょっと前ですが、サッカー日本代表の香川選手が、マンチェスター・ユナイデットから古巣のドルトムントに戻りましたね~。

正直、マンチェスター時代はほぼ活躍していない状態でしたが、ドルトムントに帰ってきて最初の試合で、早くも昔の輝きを取り戻しつつあります。

まだ、始まったばかりなのでわかりませんが、ドルトムントの方が香川選手にとっては「いい環境」なのかもしれません。

このように、スポーツ選手は「環境」によって活躍できるorできないが大きく変わってしまいます。

これは、自分たちにも当てはまることだと思います。

職場や家庭の環境によって、さまざまな影響を知らず知らずのうちに受けています。

問題はこのことに気づきにくいということ。

良い方向に行けばいいですが、知らないうちにどんどんダメな方向に進んでいってしまう可能性があるということに注意しなければいけません。

この環境からの悪影響を「仕事だから仕方ない、どうにもならない」とあきらめてしまっている方が多いのではないでしょうか。

自分もその1人でした。。笑

「こんな環境にいてはダメになる!」と思いながらも、なにもせずに悶々としていました。。笑

しかし、ちょうど去年の今頃、「このままではダメだ!とりあえず何かしよう!」と思い、ようやく行動に移しました。

環境を変える努力を始めたのです。

それが、「社外での学び・交流」です。

具体的には、、

・ビジネスオンラインセミナー受講(月3回)
・改めて、整体学校に入学(月1回)

です。

社内の環境だけにとどまっていると、視野が狭くなりますし、そこでの価値観しか評価基準にはなりません。

しかし、一歩社外に出てみるといろんな価値観があり、視野も広がります。

「こんなことで悩んでたのか。。」とバカらしくなったりします。。笑

まだまだ努力は足りませんが、「もっと早く環境を変える努力を始めればよかった」としみじみ思いました。

そんな自分もついに自分でお店を持つ事になりました。

自分で「環境を作る側になる」ということです。

これは結婚している方も同じだと思います。

「家庭」という環境を作る側になるということ。

少しでも「成長できる・自分の人生が送れる環境」を作れるように頑張っていこうと思います。


香川 環境




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「習慣の力」

こんばんは。

高橋です。

今日のテーマは「習慣の力」です。

「習慣」とは、、

ある時期から、意図的に始めて、やがて考えなくてもできるようになること

です。

人間は日々の「習慣」で形成されています。

太っている方は「太る習慣」。

頭の良い方は「頭が良くなる習慣」。

身体の痛みのない方は「身体に痛みのでにくい習慣」。

などなど。

この「習慣」を身につけることでなりたい自分に近付ける、やりたいことができるようになる、可能性がぐんと高まります。

逆にいうと、悪い習慣を続けてしまうとどんどん悪い方向に進んでしまいます。

なので、どこかのタイミングで悪習慣に気づき、修正する作業が必要です。

自分達でいうと痛みが出る原因になっている悪習慣を修正することが必要です。

それをして差し上げるのが自分達の大事な仕事です。

具体的には、

・普段の姿勢
・生活習慣
・痛みに対する考え方

などなどです。

特に、痛みに対する考え方の習慣を修正するのはすごく大事です。

なかなか「痛み」が取れない方はここの悪習慣が抜けない、修正できない方が多いです。

こういった「痛みに対する悪習慣の改善」が適切にできるように日々鍛練していこうと思います。


習慣


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「仕事のやりがい」

こんばんは。

高橋です。

今日のテーマは「仕事のやりがい」です。

先日、Yahoo!ニュースで以下の記事が掲載されていました。

<仕事のやりがい>日本が世界最下位に リンクトイン調査
ビジネスパーソン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の米LinkedIn(リンクトイン)は19日、世界26カ国・地域での同サービス登録会員のうち、企業の正社員に対するキャリア意識調査の結果を発表した。
それによると、日本では、「現職にやりがいを感じているか」という設問に「同意する」と答えた人の割合は77%で、今回の調査の対象国・地域の中では最も低かった。また、「同意しない」と答えた人は10%で、最も割合が高かった。
「同意する」と回答した人の割合が高かった国・地域は、インド95%▽マレーシア94%▽ドイツ93%▽インドネシア92%など。米国は91%で9位、中国は88%で17位だった。
結果について、LinkedIn日本法人広報は「(日本の正社員は)控えめで希望を言い出せなくて、やりがいを実現できていないのかもしれない」とコメント。状況を改善するため、個人は具体的なキャリアプランを作り、社内外で実現できる機会を探す▽企業は、従業員の希望やキャリアゴールを理解して支援する▽企業の採用担当者は、仕事のやりがいを説明し、職種にマッチする人を社内外で積極的に探す--ことなどを提言している。
調査は、2013年の6月と12月に実施した。回答者は世界で1万8219人、日本は751人だった


751人のデータなので一概には言えませんが、「仕事だから仕方ない。。」という考え方は多くの日本人が持っているように感じます。

人生の大部分を占める「仕事」。

大卒で就職したとすると単純計算で23歳~65歳まで42年間もの間、仕事をします。

この42年間をやりがいのないことで終わらせてしまうのは、悲しいですね。。

欧米では就職時に働き方について明確な区分があるようです。

就職時にホワイトカラーとブルーカラーに分けられ、それぞれの意味合いは以下です。

ホワイトカラー
→労働時間に関わらず仕事をバリバリやり、ブルーカラーよりは高収入

ブルーカラー
→9時~17時などの定時の仕事でプライベートを充実させる、ホワイトカラーよりは低収入

この他にも、ブルーカラーは主に製造業で働く人のこと、ホワイトカラーは、主にオフィスで働く人のこと、といった分け方もあるようですが、どちらにしても就職時に働き方を明確にしておくことが重要だと思います。

ホワイトカラーかブルーカラーかがはっきりしていれば、責任の重い仕事を無理矢理やらされたり、無駄な残業をさせられたりなどは減るのではないでしょうか。

あと、重要なのは有給休暇の消化率の問題です。

これも日本は諸外国に比べてかなり低いです。

やりがいが感じられない上に休みも取れないとどんどんやる気が無くなるのは当たり前ですよね。。笑

こういう状況でストレスを感じないようにするのはほぼ不可能です。

なので、ストレスからくる身体の不調が増加し、医療機関を受診する方が増え、医療費がますます増大していくのです。


幸い自分の仕事はものすごくやりがいのある仕事です。

それは、直接お客様から感謝のお言葉を頂けたり、人との関係性の中で成果を実感して頂けるからです。

これからもこのやりがいのある仕事を通して一人でも多くの方の「痛みの解消」を実現できるように日々鍛練していこうと思います。


やりがい


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「生きる意味」とは?

こんばんは。

高橋です。

今日のテーマは「生きる意味」です。

急になにを言い出したのかと思われる方もいると思いますが、、笑

たまたま考える機会があったので、現段階での「生きる意味」について書いてみようと思います。

この「生きる意味」はよくアーティストの方とかの歌の歌詞に出てきたりしますが、だれもがわからないものだと思います。

もちろん自分もわかりません。。

だって、気づいたら生きてましたからね。。笑

逆に言うと「なんでもいい」ということなんじゃないかと思います。

家族のため、仕事のため、好きな人のため、自分のため、趣味のため、に生きる!

人それぞれ違った意味合いで生きているんだと思います。

ここで重要なのが、「生きる意味」を決めることが自由かどうかだということです。

自分で決めているかどうか、自由に選択しているかどうか。。

自分で自由に決めているんであれば、「生きる意味がわからない」もひとつの答えですし、「趣味のために生きる」のもひとつの答えになると思います。

もう少し掘り下げると、人生の大部分を占める仕事に関しては、生きる意味が似ている人たち(仲間たち)といっしょにするのがベストだと思います。

「好きな仲間(生きる意味が似ている仲間)と好きな仕事を夢中になってする」

これができたら最高ですね。

これをするための方向性は2つです。

①自分が決定側になる
②「生きる意味」が似ている社長・上司がいる会社を選ぶ

①は難しいですが、②はできることだと思います。

要は、仕事内容や給与で職場を決めるのではなく、人で決めるということ。

今はブログやフェイスブックなどのSNSで、ある程度この人はこういう人かな~というのはわかってしまいます。

逆にこういう自己発信をしていない社長や経営者は、仲間を増やしたくないか自分のやっていることを知られたくないか、どっちかだと思います。

「生きる意味」=「なんでもいい」

仕事は「生きる意味が似ている人」と一緒にがベスト!

これが現段階での自分の答えです。

生きる


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

生き残れるのは「変化できるもの」のみ

こんばんは。

高橋です。

今日のテーマは「生き残れるのは変化できるもののみ」です。

久しぶりに「気づき」のカテゴリーです。

タイトルのまんまですが、

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である』 チャールズ・ダーウィン (イギリスの自然科学者)

今日は、このことを再確認しました。

そして、こうも思いました。

「このままじゃ生き残れないな。。」

なぜかというと、

・基本習慣の継続がおろそかになっている
・自分自身の身体のマネジメントもおろそかになっている
・上記のことの重要性の認識が甘い

基本習慣の継続の中から徐々に変化していくものだと思いますし、なにより職業意識が甘い。

早急に改善していこうと思います。

唯一の救いが、今日「いい刺激を与えてくれる方々」と多く知り合えたことです。

「基本習慣の継続」+「いい刺激を与えてくれる方々と交流を持つ」 = 変化することができ、生き残れる

こんな感じだと思います。

今日の出会いを作ってくれた方に、心から感謝いたします。

感謝


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR