FC2ブログ
久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&ボディケアサロン
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
Facebookはこちら
無料メール会員登録はこちら

「血圧」と「塩分(ナトリウム)」の関係性

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”血圧”と”塩分(ナトリウム)”の関係性」です。

今日は一日曇りでしたね~(*_*;

週末にかけて悪天候が予想されていますので、

政府に要請されるまでもなく遠出には向かない週末になりそうです。

さて、そんな今日は「血圧と塩分(ナトリウム)」について少しばかり。。

今週は「一酸化窒素」について連続的に記しましたが、

これらはすべて心疾患などの血管系の疾患を予防するために有効です。

そして血管系の疾患が起こりやすい方の特徴として高血圧がありますので、

そこを改善しておくべしということですね。

「高血圧」で診察に行くと「塩分を控えましょう」と言われます。

これは血圧と塩分(ナトリウム)、塩分(ナトリウム)とカリウムの関係性を見ていくと理解が深まります。

「ナトリウム」と「カリウム」は細胞内の水分調整を行っています。

細胞内の水分が不足すると、細胞外にいる「ナトリウム」が水分と共に細胞内に入り細胞内の水分を増やします。

逆に細胞内の水分が多くなると、細胞内にいる「カリウム」が「ナトリウム」と共に水分を細胞外に追い出し細胞内の水分量を減らします。

なので、、

①「ナトリウムの比率が高くなると細胞内の水分が増える = むくむ」

②「カリウムの比率が高くなると細胞内の水分が減る = 脱水」

という状態になります。

塩分を摂りすぎて細胞内の水分量が増えると、上記のように「むくみ」が起きます。

そうなると血管を圧迫し血流が滞るため血圧が上がるということです。

ホースで水を撒く際に、ホースの真ん中あたりを踏むとホースの中がパンパンにふくれるのと同じ原理ですね。

ナトリウムとカリウムの割合は、、

「 1 : 1 」

が理想と言われています。

高血圧の方は「塩分を控える」というよりも

「ナトリウムとカリウム」のバランスを整える

という捉え方の方が良いかもしれません。

今日は「血圧と塩分(ナトリウム)」についてのお話でした。。

血圧2


スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

簡易的な「一酸化窒素」を増やす運動

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「簡易的な”一酸化窒素”を増やす運動」です。

東京オリンピックが延期になってしまいましたね~。。(*_*;

この状況では致し方ないと思いますが、来年最高の大会になることを祈るばかりです。

さて、そんな今日は月曜日から連続的に記している「一酸化窒素」についてもう少し記していきます。

先日は一酸化窒素を増やす運動として、、

「加圧トレーニング」

「スロートレーニング」

をご紹介しました。

今日はこれに加えて、もっと簡易的な運動を一つご紹介いたします。

それは「ハンドグリップ」です。

「ハンドグリップ」は、握力を測る特殊な機械を用いて、

自分の持っている握力の30%程度の力で2分間握り続ける、というものです。

これを左右交互に2回ずつ行うだけなので非常に簡単です。

代替法としてタオルを使った「タオルグリップ」というものがあります。

やり方は、タオルを握ったときに指がつかない程度の太さに丸めます。

あとは「ハンドグリップ」と同様に30%の力で2分間握りしめるのを左右2セットおこなうだけです。

この方法で「一酸化窒素」が増える流れは以下です。

→2分間握りしめている間は、血流が滞る

→2分後に力を抜いた際に一気に血流が回復する

→その際にNO(一酸化窒素)が出る

→NOの効果によって血管の機能が回復し、血圧が下がる

という感じですね。

非常に簡単なので、TVを見ながらCM中はタオルを握るなどをしてみると習慣化しやすいですね。

血圧が気になる方は習慣として取り入れてみると良いと思います。

ハンドグリップ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「運動」でも「一酸化窒素」が増える!?

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”運動”でも”一酸化窒素”が増える!?」です。

今日は昨日ほど風が強くなくて良い天気でしたね~(^^)/

桜も満開ですので、少しずつ活動量を増やしていきたいところです。

さて、そんな今日は昨日、おとといと連続的に記している「一酸化窒素」について記していきます。

昨日、おとといの簡易復習は以下です。

・「一酸化窒素」は血管を拡張して心疾患や脳卒中を予防してくれる

・疲労回復にも効果がある

・「硝酸塩」を含む野菜を摂ることで「一酸化窒素」が体内で作られる

・「硝酸塩」を多く含む野菜には、レタス・大根・キャベツなどがある

などなどを記してきました。

そんな「一酸化窒素」を増やすためには上記の「硝酸塩を含む野菜を摂る」以外にもいくつか方法があります。

・運動

・「一酸化窒素」を増やす成分を摂る

などです。

上記の中の「運動」で効果的なのが、、

・加圧トレーニング

・スロートレーニング

などなどです。

どちらも血流を一時的に制限して、一気に開放するというサイクルを行うのですが、

その際に「一酸化窒素」が多く分泌されるという流れです。

「栄養面」+「運動面」でも一酸化窒素を増やすことは可能ということですね。

両面からのアプローチを習慣化していきましょう。

血管


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「硝酸塩」を摂るには葉物野菜!?

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「硝酸塩を摂るには葉物野菜!?」です。

先日は、野菜と疲労軽減の関係性について記しました。

今日はその続きを少しばかり。。

先日は、「硝酸塩」の一日の摂取量目安が、、

「体重1kgあたり6.4~12.8mg / 日」

というところまで記したと思います。

今日は「一酸化窒素」を体内で作る上で必要な「硝酸塩」を多く含む野菜についてまとめていきます。

「硝酸塩」を多く含む野菜は以下です(100gあたりの含有量)。

・ルッコラ : 328.4mg
・レタス : 189.3mg
・大根 : 186.8mg
・キャベツ : 138.8mg
・ケール : 137.5mg
・ほうれん草 : 127.3mg
・セロリ : 112.2mg

といった感じです。

体重50kgの人であれば一日、、

「320 ~ 640mgの硝酸塩」

を摂るのが目安なので、上記の野菜を2~3種類ほど100g食べればクリアできますね。

上記の野菜の場合、「茹でる・炒める」などの調理してしまうと

「硝酸塩」が失われてしまうので、「生の状態で食べる」ようにしましょう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「野菜を食べる」と疲労が軽減する理由

こんばんは。

久喜市鷲宮のパーソナルトレーニング&整体リラクゼーションサロン「ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”野菜を食べる”と疲労が軽減する理由」です。

あっという間に桜が満開になりましたね~(^^)/

ここ2日くらいで一気に咲ききってしまいました。

ここから1週間くらいが見ごろかと思われますので、

散歩がてら花見に出かけるのも良いかと思います。

さて、そんな今日は「野菜と疲労の関係性」について記していきます。

なかなか聞きなじみのない方も多いと思いますが、

「一酸化窒素」

という成分が高血圧などの血管系の疾患に有効と言われています。

この「一酸化窒素」は血管を拡張してくれる働きがあり、、

・心疾患の予防

・脳卒中の予防

・全身の血流改善による疲労軽減

などなどの効果があるとされています。

「一酸化窒素」が体内で出来上がる流れは以下です。

→硝酸塩が含まれる野菜を摂る

→硝酸塩が亜硝酸塩に変換される

→亜硝酸塩が一酸化窒素に変換される

という感じです。

つまり、「硝酸塩」を多く含む野菜をしっかり摂ることで、

血管が拡張されて疲労を軽減していくれるということですね。

「硝酸塩」の一日の摂取量目安は、、

「体重1kgあたり6.4~12.8mg / 日」

です。

「高血圧の方」や「疲労がたまっている方」は野菜をしっかり摂りましょう!

野菜


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
身体改善サロン「ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR