FC2ブログ
久喜市鷲宮のスモールジム&整体
身体改善サロン 「ペインフリー」 
pain free
営業時間:10:00~21:00(最終受付20:30)
定休日:毎週火曜日
TEL:0480-31-6185

ネット予約はこちら

ホームページはこちら
無料メールマガジン登録はこちら
公式LINEの友達追加はこちら
友だち追加

【新型コロナウイルス対策について】

”一緒に過ごす時間”の重要性

こんにちは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

日曜日の気持ち良い天気には毎週救われている気がします。。

空気は完全に冬の空気になり、キーンと冷え切っていますね。

季節の移り変わりを感じる今日この頃です。。

さて、そんな今日のテーマは「”一緒に過ごす時間”の重要性」です。
※日曜日はプライベートな内容です。

あっという間に11月も終わりですね。

今年はイレギュラーなことが多すぎて、いつもよりやることが多かったせいか、一年がいつもより早く感じた方が多いのではないでしょうか。

まだまだ混乱は続きそうですが、一旦ここまでを振り返ると「時間配分が変わった一年」だったと思います。

「家にいる時間」「通勤時間」「職場にいる時間」「子供と過ごす時間」「家族と過ごす時間」などなど、時間配分が変わる項目は人それぞれだったかと思いますが、自分の場合は「家族と過ごす時間」が変わりましたね。

これが良い方向なら良いのですが、悪い方向に変わってしまって、例年よりも「家族で過ごす時間」が減ってしまいました。

毎年、「ディズニー旅行」や「~祭り」などのイベント参加をしていたのですが、今年はこれらの時間が”0”でしたので。。

多くの方がそうだと思いますが、「これで良いのかな~」とさみしく思いますね。

どれくらいの時間を一緒に過ごしたかで仲良く感じる度合いが変わってくる!などと言われています。

・合計50時間程度 → 知り合い程度

・合計90時間程度 → 気の合う友人

・合計200時間以上 → 親友

という感じだそうです。

要は「この人と仲良くなりたい」と思ったらできるだけその人に会いに行って、できるだけ長い時間一緒に過ごすべきということですね。

ちなみにこれはあくまで「主体的に会いに行く」限定だそうです。

「~さんに会いに行く」という意思を持って会いに行かない限りはノーカウントで、単に同じクラスの同級生とか同じ会社の同僚とかではNGということですね。

「家族との時間」が減ることで「家族との距離」が遠くならないようにしなければと反省した次第です。

「~に遊びに行く」とか「~を食べに行く」といったイベントも重要ですが、シンプルに主体的に一緒にいる時間を増やすことが一つの解決策になるかなと思いますので、そこの達成に向けて日々鍛錬していこうと思います。

時間




スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.202

こんばんは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

今日のテーマは「”ペインフリー店長”に訊いてみよう!Vol.202」です。

毎週土曜日は「お客様からのご質問」にお答えするコーナーです。

【今回のご質問】

「あぐらをかくと左右の足の高さが違います。股関節がかたいからこういった左右差が出るのでしょうか?」

股関節の動きに左右差が出てしまっている方は多くいらっしゃいます。

まさに「あぐらをかいたときの足の高さの違い」は「股関節の動きの左右差のサイン」ですね。

股関節の可動域(動き)をみる際の目安となるのが以下です。

・股関節の屈曲 → 125度

・股関節の内旋 → 45度

・股関節の外旋 → 45度

この動作が「かたい」もしくは「代償動作あり」になってしまうと「可動域NG」ということです。

股関節の動きに偏りが出てしまう要因としては、普段の座り方が大きく影響していることが多いです。

・デスクワークで座り時間が長い

・車通勤で運転時間が長い

・横座りをするクセがある

・割り座(女の子)座りをするクセがある(過去の良くしていた)

などなどがあると股関節がかたくなりやすかったり、動きに左右差が出やすかったりします。

一度チェックしてみると良いと思います。

参考になっていれば幸いです。

座り姿勢


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

”心臓の病気の種類”と”疫学”について

こんにちは。

久喜市鷲宮のスモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」店長の高橋です。

寒い日と暖かい日が交互に来ていますね~(*_*)。。

今日は寒い日でしたので朝「布団から出たくない!」と思っていたら、すでに起きていた下の子と目が合って「起きてたのかよ~(^^♪」となってすぐに目が覚めたバカ親です。

下の子は男の子なので、「かわいいのは今だけなんだろうな~」としみじみ感じる今日この頃です。

さて、そんな今日のテーマは「”心臓の病気の種類”と”疫学”について」です。

昨日は寒くなってきた今の時期に多い「脳の病気」について記しましたが、今日は「心臓」です。

背景としましては、繰り返しになりますが、

「気温低下」 → 「血管収縮」 → 「血圧上昇」 → 「血管系の疾患増」

の負のスパイラルが起きやすい季節に入ったことが挙げられます。

「今ここ!」という意味で気を付けたい疾患をピックアップした形です。

「心臓」の血管障害は大きく以下の二つに分かれます。

①狭心症 : 一過性のもの

②心筋梗塞 : 心筋の壊死に至ったもの

全体の死因では心疾患が2位となっています。

それくらい死に直結するということですね。

また、女性よりも男性の方が多いのが特徴です。

危険因子としましては、「喫煙」と「高血圧」が挙げられています。

特に「喫煙」に関しては、死亡率が約2倍、羅津率が約5倍も喫煙者の方が多いと言われていますので、大きな危険因子と言えます。

「全く吸ってはダメ!」とは言いませんが、リスクのある方やリスクの高い時期は控えることも検討して良いのではないかと思います。

血管系の疾患に注意しながら、これからの本格的な冬を乗り切っていきたいですね。

寒い


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

高橋 巧

Author:高橋 巧
スモールジム&整体「身体改善サロン ペインフリー」高橋店長のブログへようこそ(^o^)
日々の「気づき」や「痛み・疲労の少ない身体」になるための健康情報を配信しています!
是非、ご覧になってください(^^)v

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR